松永白洲記念館のご紹介
  河陽鉄道・河南鉄道・大阪鉄道史
(現近鉄南大阪線、柏原線、長野線)

 松永白洲記念館 
まつながはくしゅう きねんかん

館主   松永 明
電話 090-4306-6109
 
大阪府 藤井寺市 船橋町 5−10
近鉄道明寺線 柏原南口下車
大和川を渡り徒歩 6分

地図
開館日 土、日、月曜日
(臨時休館あり)
来館時には ご連絡を。
駐車場あります。
ココをクリック
  

つばめno巣
  鉄道部門、HP担当 お問い合わせは
有田英司 090-6911-4205
メ−ル fwjf0138@mb.infoweb.ne.jp


 1. 松永白洲記念館(まつながはくしゅう きねんかん)
      
・記念館のご紹介
 
 


      1. 松永白洲記念館
       ・ 記念館のご紹介
       ・ 記念館からの お知らせ
       ・ 書家 松永白洲
       ・ 記念館から季節の便り
       ・ 記念館で開催されている教室

    2.松永白洲記念館 史料四柱のご紹介
       
 ☆ 松永白洲の書
        ☆ 庄屋時代の古文書、絵図 (戦国〜江戸) 
            顧問 井元良洋氏
        ☆ 江戸時代の漢方史料
        ☆ 松永長三郎が残した、
           近鉄最古の路線の鉄道史料


    3. 松永長三郎が残した鉄道史料
         ・ 鉄道関係で来館して頂いた方々

  
 
   江戸末期に建てられた邸宅が記念館として 書家 松永白洲 の書を今に伝えています。 
   書作品は、約1740点、展示替えは季節ごと行われています。
   生前に書作品の創作に取り組んだ部屋を中心に作品や愛用の道具類を展示しています。
   松永家は江戸時代は庄屋を務め漢方医も四代にわたり輩出しており
   戦国〜江戸時代の古文書、絵図、大和川付替え等や医療道具ほか歴史的に貴重な資料も保有。
   河南鉄道の初代支配人であった松永長三郎が携わった鉄道資料も残されている。
   鉄道資料は、 昨年11月開館10周年を記念し公開しました。 
 松永白洲記念館をご紹介して頂いたHP
藤井寺市観光協会      
     ・記念館からのお知らせ

        2月16日 2014年春季展示に変わりました。



 






     ・書家 松永白洲 


 
 
  松永白洲生誕百年記念展
平成24年11月10日〜12日
         17日〜19日

 
 
松永白洲が教師をされていた 現羽曳野市立誉田中学校の
前身誉田高等小学校 卒業アルバムが記念館から見つかりました。
昭和8年度年から昭和17年度まで計10冊     
2012年3月末に誉田中学校へお渡ししました。

   
 
主 な 著 書 
 「白洲の人と書」  平成8年
 「白洲筆墨の生涯」  平成11年
 「夕映え」  平成13年
 「清音」〜白洲遺作本〜  平成14年
  ・記念館から季節の便り 
  
2012年
正月展示
 
2012年
春季展示

2012年3月 
 

  

2012年
夏季展示
 
2012年
秋季展示

2012年10月
白洲生誕百年記念展
「第15回齊平展」
  


2013年 正月
「松樹千年」 

2013年
春季展示 


節 句
 
2013年
夏季展示
 
2013年
秋季展示
 

2013年10月
  松永白洲記念館10周年記念展を開催しました。
平成25年 11月10日、17日には 
語り部 岸田弘子さんによる
藤井寺の伝承民話「さかさ汽車」の お話をして頂きました。
併催 河陽鉄道、河南鉄道資料公開

 
2014年
正月展示
     
   ・記念館で開催されている教室(古野燕安さん) 
記念館では「楽しい一筆」などの教室も開催されています。 

第5回 楽しい一筆 実用小物作品展
平成25年 11月 9〜11日、16〜18日開催

 
 ご紹介リンク   市民グループ“鳩まめ倶楽部”さんのHP
“父の心を受け継いで”
古野英子さん 
   

第15回齊平展
出展された 古野燕安さんの作
  


 


第16回 齊平展
出展された 古野燕安さんの作
「江戸時代の船橋」

 
  講師  篆刻家 真鍋井蛙(せいあ)先生 
「篆刻
(てんこく)・書」 教室
 
 

現在、
日本篆刻家協会代表理事、読売書法会理事、日展会友、日本書芸院理事、中国西冷印社名誉社員。

 主な著書に
『ほれば印です』(芸術新聞社)、『超かんたん篆刻』(芸術新聞社)、
『もうひとりの熊谷守一』(里文出版)、『来楚生篆刻秘法』(二玄社)、
『篆刻般若心経』(三圭社)、『楽篆』(三圭社)、『はじめての篆刻入門』(淡交社)などがある。

 
『ほれば印です』(芸術新聞社)
 いきいきスロ−ライフインタビュ−の
サイトに真鍋井蛙先生の事が詳しく
紹介されています。
           ココをクリック 

   
 

古野哲夫さんが所属する 
フォトクラブ悠々では 
 富士フォトギャラリ−大阪で
第9回写真展開催中です。
 
 
 
   2.松永白洲記念館 史料四柱のご紹介
     
 ☆ 松永白洲の書 
   
       白洲書作品:所蔵品1740点の中から年4回、展示替えを行っています。
       白洲が大病から生還して催した「生前のお別れ会」のビデオ映像。
 
  ☆ 庄屋時代の古文書、絵図 (戦国〜江戸時代)    顧問 井元良洋氏 
 
  
  戦国〜江戸時代の古文書は 松永白洲記念館 顧問 井元良洋氏が 研究、解読、編集、製本 され
  松永家古文書は、 テ−マ別に、現在35巻の冊子となっている。
  まだ未整理の古文書も多数あり研究解読中です。
  35巻の冊子は、記念館で閲覧ください。
古文書教室

 講師 井元良洋氏
松永白洲記念館にて開催

  ☆ 江戸時代の漢方史料(1770〜1880年) 
   
     江戸時代の漢方薬箱をご覧頂いてる
     富田林市教育委員会の方々
    江戸時代使用していた駕籠
  漢方医四代(1770〜1880年)の医学書と関連文書等貴重な道具等も保存されている。
  ☆ 松永長三郎が残した、近鉄最古の路線の鉄道史料  
 
   

  近鉄で最古の路線である柏原〜河内長野間の基となった河陽鉄道株式会社、
  河南鉄道株式会社、大阪鉄道株式会社に
  開業前から携わった 松永長三郎の諸資料を保存。
  資料調査は有田英司が行っている。
 
 河陽、河南、大阪鉄道を調べる会員募集中
鉄道に興味がある方一緒に色々楽しんでみませんか?

fwjf0138@mb.infoweb.ne.jp メ−ルお待ちしています。   

 3. 松永長三郎が残した鉄道史料 
2011年春 松永白洲記念館で発見された
 河陽鉄道、河南鉄道、大阪鉄道の史料です。
 
 松永白洲記念館様の ご厚意により 松永長三郎氏が携わった 近鉄道明寺、長野線の
 基となった河陽鉄道、河南鉄道、大阪鉄道の貴重な史料をHPで公開させていただきます。

 河陽鉄道、河南鉄道の史料は ほとんど残って無いと思われていましたが
 2011年春に 明治、大正時代 松永長三郎氏が整理されたままの状態で記念館より発見されました。
 河陽鉄道から河南鉄道へ変わってゆく経営状態の貴重な詳細な史料などあり
 不解明であった河陽、河南鉄道が明らかになっていきます。

 史料の提供、調査させて頂ける事になり 松永白洲記念館様に感謝致します。

 このHPで使用している写真、史料は全て(別記以外)松永白洲記念館蔵で転載は、ご遠慮ください。

                                                       有田英司

松永白洲記念館所蔵の鉄道関係資料についてのお問い合わせは下記へお願い致します。

松永白洲記念館 鉄道史料担当 有田英司まで
fwjf0138@mb.infoweb.ne.jp


 

展示場の様子
平成24年度
松原市主催の松原鉄道物語展示では
松永白洲記念館蔵の
鉄道書類を多数展示しました。

 


ガタゴト がたごと 汽車が大和川橋梁を走ります。
(明治時代) 左が柏原方 右が道明寺方
  
 
 大和路線 柏原駅

  大阪市内、湊町駅より9哩(マイル)79鎖(チェ−ン)の位置に柏原駅があります。
  湊町駅?? 哩??? と言われてもピンとこないと思います。
  当時明治時代の鉄道距離はマイル表示でした、1マイル約1.609KM(1マイル=80チェ−ン)
  現在の大和路線 JR難波駅は、1889年の開業より1994年まで湊町駅と呼ばれてました。
  1889年 明治22年に国有ではなく私鉄の大阪鉄道株式会社により最初に開業した区間で
  始発駅が湊町駅、終着駅が
柏原駅です。

 
JR柏原駅


 南河内郡 船橋村

  柏原駅の南側には奈良から地滑りで有名な亀ノ瀬を流れてくる
大和川
  金剛山麓の河内長野、富田林を流れる
石川との合流地点があります。
  
大和川はこの合流地点から中河内方面へと流れていましたが1704年
  河川改修工事を行い人の手により堺方面へ付替えられ現在のような
  
大和川になりました。

  この大和川、石川の合流地点は昔、南河内郡 
船橋村という地名でした。
  地名の通り大和と浪速を結ぶ船運搬において要となっていた集落ですが
  
船橋村の一部は大和川建設の為に川の中に埋もれました。

  明治31年には河陽鉄道株式会社により柏原−道明寺−古市−富田林間に鉄道が開業し
  この合流地点に英国製橋りょうが架けれました。
  現在は近鉄「道明寺線」ですがこの路線こそ近畿日本鉄道株式会社で最古の路線であり
  近鉄最古の橋りょうなのです。

 
近鉄最古の橋りょう

 船橋 松永白洲記念館

  その船橋に江戸時代から庄屋を務め漢方医も四代にわたり輩出している松永家があります。
  江戸末期に建てられた邸宅が記念館として 
書家 松永白洲 の書約1740点を今に伝えており
  
生前に書作品の創作に取り組んだ部屋を中心に作品や愛用の道具類を展示し記念館として
  当時の
邸宅と松永白洲の作品を展示公開をされています。
  もちろん江戸時代の大和川付替え等古文書や医療道具ほか歴史的に貴重な資料も展示されています。

   この記念館こそ近鉄電車の最古となる路線と深い関係があったのでした

 
松永家専用の籠


  木箱発見

  時は平成 2011年春 
  撮影:白洲

  白洲が眺めるのが好きだった
大和川、石川菜の花が咲いている。
  堤防に一人の男が流れる川、白い砂を眺め鉄橋を走る電車を見ていた。
  その男の姿に重なり二人の姿が見えた。
  一人は川の流れを眺め詩を読んでる、 もう一人は鉄橋を渡る列車を見て微笑んでいる。
  両方を眺め、見ていたのが
松永白洲記念館の館長である。


  菜の花の咲く麗らかでも旧家の屋敷中は寒い!!
  夏は風通しが良く涼しいので良いが 夏以外も涼しいというか寒い・・・とことん・・・。

  館長が防寒具を着て松永白洲記念館内部を調べている。
  館長は、白洲の長男 松永明様で、この記念館で生まれ育ち隅々までご存じである。
  しかし記念館の ある部屋は松永家では禁断の間といい立入禁止と言う場所がある。
  父である白洲が健在の時には、けして近寄れなかった場所である。
  館長が子供の頃 こっそり覗いたそうだが薄暗く
木箱などが置かれた倉庫みたいな部屋だった。
  子供には興味のない倉庫であった為、二度と入る事のない部屋であった。
  そんな禁断の部屋なので もちろん撮影許可も出ない。


  
禁断の間

  館長が記念館整理の為にあの部屋に入ったのである。
  最新式のLED懐中電灯を持ちながら薄暗い部屋の中に入ると 
  奥にホコリの被った大きな
木箱が数個あった。
  子供の頃 見た微かな記憶が蘇ってきた。

  父、白洲も開封した事のない
木箱である。
  松永家の人々にとっては開封どころか触る事も許されなかった木箱
  なぜなら その
木箱は松永家では偉大な人物 鉄橋の列車を見て微笑んでいた人の木箱だから・・・・。

  松永長三郎の木箱だ!!!

     

木箱には 松永長三郎 と墨で書かれている。


  長三郎は、現在の近鉄南大阪線の基を築いた方である。
  明治31年の開業以前 明治29年6月13日より河陽鉄道株式会社に勤め
  河南鉄道株式会社 初代支配人となった方である。

  時代は平成 白洲も長三郎もいない。
  白洲も触れなかったホコリだらけの木箱を館長が恐る恐る触った!!
  かなり大きな重たい木箱だ。

  ホコリの付いた木箱の蓋を開けた瞬間 館長の目に
  赤い文字が飛び込んで来た!!

                     

  あの長三郎の書いた文字だ・・・・・・。
  とても重要な書類のようだ!!
  しかも 書類が、ぎっしりと入っている、かなりの量である。

  木箱から ひとつ、ひとつ取り出して表の部屋に並べていく
  書類は束ごとに綺麗に製本されている、
  明治時代なので紐で綴られているが これだけの量を製本するのには
  かなり時間と手間がかかり長三郎の几帳面さがこれだけで分かる。
  年度ごとに分けられており 更に木の紐でくぐられていた。

 


   製本された書類以外に和紙で作られた封筒が出てきた。
  しっかりと糊で封をされ封印箇所には河南鉄道の印鑑まで捺印されていた。

    封筒を開封

  明治時代に長三郎が封印した封筒を
  恐る恐る 館長が 
  開封作業を行い始めた。 
    明治時代の糊だが しっかり付いており
  途中からカッタ−ナイフを使用し開封。
  中身を取り出す。
    中には、封筒が数枚入っていた。
  封筒の中を確認すると
  株券、領収書等であった。
  詳細は、まだ未確認だが大事な書類のようだ。
   
    木箱から取り出した状態でまだ
  手付かずの書類。
  この大量の書類からどんな事が解るか
  楽しみである。
 
    記念館で見つかった資料のご紹介
   
 さてさて どれから見てみようかな??? 
 
 
 国宝級(笑)?? SL図面 発見 ??? 
    幻の180形 蒸気機関車の図面 発見か???
株式会社鉄道車輌製造所の図面です。
この製造会社の図面は未発見図面で貴重なんです。
 
 
 河南鉄道の判子発見
   
 河陽鉄道株式会社について
    
   資料を元に
 
 
 大和橋駅について 柏原駅と道明寺駅の間にかつてあった駅 
   
   
   
   
   
 
記念館の資料のご紹介
(鉄道関係)

記念館で一番大きく貴重な資料は、河陽鉄道建設予定図面で
柏原駅から古市、富田林を経由し長野駅までの明治30年頃の線路図です。
軌道の距離、曲線、踏切の他に道路、溝の付替、土管埋設位置等も記載されています。





 
  鉄道関係で来館して頂いた方々です。 
 2012年 2月には、
 JR総合技術研究所 小野田滋様
 柏原市教育委員会 石田様
 富田林市教育委員会の方々
 が来館して頂きました。
JR総合技術研究所 
小野田滋様が
7/16に再館して
下さいました。
機関車史研究会 
近藤一郎様も、
ご一緒に来館して
頂きました。
 小野田滋 様の著書
   
 

近藤一郎 様の著書

 2013年
 2013年 1月

 近畿日本鉄道 秘書広報部
 部長 武部様

 奈良大学
 教授 三木様

 柏原市教育委員会 
 主査 石田様

 松原市文化情報振興事業団
 西田様
 
 に来館して頂きました。


これより以下 つばめno巣 HPです。 
 
2000年09月10日発車
 つばめno巣
PRODUCED by 
☆竜華no66☆/けろけろ/ミニけろ 

HP管理人 有田英司
  
090-6911-4205
メ−ル fwjf0138@mb.infoweb.ne.jp
 
交流させて頂いている方々のご紹介  
      
 ゴンブロ!
 「デロイを探せ!」
 「三原車輌製作所」
 など研究をされ濃厚な内容で
 貴重な資料を公開されています。 
   


 
 復刻ラビットカ−乗車  吉野線100周年復刻ラビットカ−に乗車したレポ−トです。
 道明寺駅配線図  大正12年4月、昭和5年の構内配線図を見比べています。
 信貴山急行電鉄  信貴山上を走っていた鉄道です。
   
 
  古い写真を視る
   
 明治18年〜23年頃
 坂堺鉄道株式会社
 難波駅手前
   
   東海道本線 単線時代
   第二菊川橋梁
     
 関西鉄道
  第一工区(四日市−関 17哩54鎖)
    橋梁関係

     阿瀬冶川 (鉄桁 20f 一連) 
            明治22年3月末までに仮桁で起工した。
            明治22年春に輸入鉄桁に架換。
            明治23年3月末までに竣工。

     落合川  (鉄桁 20f 一連) 
            明治22年3月末までに仮桁で起工した。
            明治22年春に輸入鉄桁に架換。
            明治23年3月末までに竣工。

     鹿化川  (鉄桁 60f 一連) 
            明治22年3月末までに仮桁で起工した。
            仮の木橋を代用。
            明治23年9月末までに竣工。

     天白川  (鉄桁 40f 一連) 
            明治22年3月末までに仮桁で起工した。
            明治23年3月末までに竣工。

     大治田村避溢橋 (鉄桁 30f 一連) 
            明治21年3月末までに仮桁で起工した。
            明治22年春に輸入鉄桁に架換。
            明治23年3月末までに竣工。

     内部川  (鉄桁 40f 四連) 
            明治22年4月上旬に橋台を築造。
            明治23年3月末までに竣工。
            仮桁を架設し煉瓦積橋脚を築造7月に竣工。

     木田川  (鉄桁 40f 一連) 
            橋台は明治22年9月末までに竣工。
            仮桁で架設、明治22年春に輸入鉄桁に架換。
            明治23年3月末までに竣工。

     蒲川   (鉄桁 30f 二連) 
            橋台、橋脚は明治22年9月末までに竣工。
            仮桁で架設

     椎山川  (鉄桁 30f 一連) 
            橋台は明治22年9月末までに竣工。
     

  第一工区(庄野−関)
    橋梁関係

     西富田村 避溢橋 (鉄桁 20f 三連) 
                  明治22年3月末までに竣工。
                  8月に鉄桁架設。
                  明治23年3月末までに竣工。

     亀山橋  (鉄桁 18f 一連) 
                  明治22年3月末までに竣工。

     安楽川  (鉄桁 70f 三連、40f 六連)
                  明治22年8月13日架橋の免許を仮橋の架設。
                  明治23年8月竣工予定
                  明治23年9月末までに竣工。

     椋川   (鉄桁 30f 二連) 
                  架橋免許おりず(明治22年9月末現在) 
                  仮の木橋を代用。
                  明治23年9月末までに竣工。

     小野川  (鉄桁 30f 二連、20f 一連) 
                  明治22年9月末までに橋台、橋脚が竣工。
                  仮の木橋を代用。
                  明治23年9月末までに竣工。

     小田村避溢橋  (鉄桁 30f 三連) 
                   仮の木橋を代用。
                   明治23年9月末までに竣工。


  第一工区のコベルト(木桁) 全43ヶ所
     四日市−安楽川間 26ヶ所
     安楽川−関間 17ヶ所

  第二工区
     字鳥山橋梁(鉄桁20f 一連)は、14fの暗渠に変更
  
  線路変更願
     河原田より津市に至る線路を亀山より津市に至る線路に変更出願 明治23年8月20日

  亀山−津
   鈴鹿川橋梁、溝渠2ヶ所 明治25年5月中に竣工

  亀山停車場
   参宮鉄道との連絡の為 築堤及び、向プラットホ−ム設置 明治26年12月竣工


  関西本線構造物探見
 関西本線構造物探見 柘植−新堂間
  片町線構造物探見
No.1 片町線構造物探見  木津−西木津間
No.2 片町線構造物探見  西木津−祝園間
No.3 片町線構造物探見  祝園−下狛間
NO.4 片町線構造物探見  下狛−JR三山木間
No.5 片町線構造物探見  JR三山木−同志社前間
No.6 片町線構造物探見  同志社前−京田辺間
No.7 片町線構造物探見  京田辺−大住間
No.8 片町線構造物探見  大住−松井山手間
No.9 片町線構造物探見  松井山手−長尾間
No.10 片町線構造物探見  長尾−藤阪間
No.11 片町線構造物探見  藤阪−津田間
No.12 片町線構造物探見  津田−河内磐船間
No.13 片町線構造物探見  河内磐船−星田間
No.14 片町線構造物探見  星田−東寝屋川間
No.15 片町線構造物探見  東寝屋川−忍ヶ丘間
No.16 片町線構造物探見  忍ヶ丘−四条畷間
No.17 片町線構造物探見  四条畷−野崎間
No.18 片町線構造物探見  野崎−住道間
No.19 片町線構造物探見  住道−鴻池新田間
No.20 片町線構造物探見  鴻池新田−徳庵間
No.21 片町線構造物探見  徳庵−放出間
No.22 片町線構造物探見  放出−鴫野間
No.23 片町線構造物探見  鴫野−京橋間
No.24 片町線構造物探見  京橋−大阪城北詰間
No.25 片町線構造物探見  (旧)片町駅
No.26 片町線構造物探見  (旧)新木津駅
No.27 片町線構造物探見  (旧)新喜多駅
No.28 片町線構造物探見  (旧)京橋口駅
No.29 片町線構造物探見  中野町線 放出−中野町間
No.30 片町線構造物探見  片町貨物線 放出−淀川間
No.31 片町線構造物探見  片町貨物連絡線 京橋−淀川間
No.32 片町線構造物探見  淀川−巽間
No.33 片町線構造物探見  川西側線 下狛−JR三木山間
No.34 片町線構造物探見  禁野側線 津田−長尾間
No.35 片町線構造物探見  鐘紡専用線 住道
No.36 片町線構造物探見  近畿車両専用線 徳庵
No.37 片町線構造物探見  農林省大阪食糧事務所専用線 徳庵
No.38 片町線構造物探見  放出側線 放出−鴫野間
No.39 片町線構造物探見  停車場一覧
No.40 片町線構造物探見  橋梁一覧
No.41 片町線構造物探見  下水溝一覧
No.42 片町線構造物探見  伏び一覧
No.43 片町線構造物探見  隧道一覧
No.44 片町線構造物探見  踏切道一覧
No.45 片町線構造物探見  架線柱一覧
No.46 片町線構造物探見  距離程一覧
 片町線構造物探見  参考文献