道明寺駅 配線図

公文書

大正12年3月23日 道明寺、大阪天王寺間仮設工事の件
                        内に記載されていた配線図です。

大正12年 4月
道明寺−大阪天王寺電化開通当時の配線図です。


現在の地形に配線を書き加えました。(模写)

古市、長野方面は単線の非電化です。
駅本屋も小さな本屋でした。
番線ですがU番線が2箇所あったりと今とでは
表示の仕方が少し変わってたみたいです。






※国立公文書館蔵


昭和5年 の配線図です。
現在の地形に配線を書き加えました。(模写)

民営鉄道の歴史がある景観T(古今書店)に掲載してある配線図を模写しました。
古市、長野方面は複線電化で昭和4年には久米寺(橿原神宮前)まで開通しています。
駅本屋が移転(昭和3年7月15日)して大きくなっています。




民営鉄道の歴史がある景観T(古今書店)より模写





昭和21年の配線図です。
近畿日本鉄道株式会社 運転規程付録 諸表より。


大正12年、昭和5年の配線図とあまり変化はないみたいです。
(5)が無くなっているのと貨物線の(6)が無くなっています。




 
    古市方を望む                                古市方より道明寺駅を望む


 
    貨物線を望む


道明寺駅の謎????

 ・開業当時のホ−ムは現存するのか?
 ・大正12年当時のホ−ムは今でも確認出来たが現1.2番ホ−ムが本屋前あたりで
  2つに分かれているのは確認できたが なぜ2つにわかれていたのか?