鉄道の歴史、鉄道の遺構のHP 

  山の上を走る鉄道 信貴山電鉄

   なんと信貴山には山の上を走る普通の電車が走っていました。
   信貴山電鉄株式会社→信貴山急行電鉄株式会社→関西急行電鉄株式会社→近畿日本鉄道株式会社
   と会社名は変りますが、実際営業されていたのは 昭和5年12月から昭和19年1月までの約13年間でした。

  初三郎が描いた信貴山電鉄案内図。

 信貴山電鉄株式会社(信貴山急行電鉄)
  1930年(昭和5年)12月15日 鋼索線の信貴山口 - 高安山間 鉄道線の高安山 - 信貴山門間 開業
  当時、信貴山へは信貴生駒電鉄が奈良県側からのル−トで独占輸送しており
  大阪側からの新規ル−トとして大軌線から連絡しケ−ブル、山上鉄道ル−トで開業した。
  信貴山電鉄は大軌とは別会社ではあるが大軌本社内に信貴山電鉄本社が設置されていた。
  昭和5年12月開業し戦時中、昭和19年1月に休止し、その後再開する事無く昭和32年に廃止となる。
  バス転換され現在でも軌道跡をバス、一般車が走っている。
  遺構としては高安山駅にはホ−ム跡が残っており、途中の隧道もある。
  信貴山門駅跡は現在駐車場となっておりホ−ム基礎の一部しか確認できない。
  バス停車場の建物は駅舎ではなく駅舎はスカイライン料金所の東側にあった。

   


  当初は両駅は単線で駅構内以外は複線の計画でしたが
  昭和5年8月20日に 変更認可書を出し両駅も2線に変更され車庫も追加されています。
  (書類、図面は奈良県蔵書類)

 変更申請書



変更申請図面(高安山停車場)




変更前の高安山停車場



 高安山駅横には車庫もあったようです、初三郎の絵には建物が描かれており
 その建物が車庫かもしれません。
 現在は空き地です。

     
       高安山駅跡にはバス停車場がある。
       バスが止まっているあたりが軌道でバスの後ろから小屋がある所にホ−ムがあった。
       図面ではホ-ムは コの字形で左の歩道あたりにもホ-ムが在ったようです。

     

      バスの後方の位置にある草だらけのホ−ム。

  廃線探訪

鹿取茂雄さんが3冊目の本を出されました。

今回は ほんの一部ですが僕も登場してます(汗)
大仏鉄道と信貴山急行のコ-ナ-に。

全国書店にて発売中ですので読んでくださいね。


詳しくは下記の出版社のペ-ジをご覧ください。



この本に出てきた ポスタ−です。

 


     

      車庫があったと空き地、道路が信貴山門駅へ行く軌道跡。
      高安山駅方より信貴山門駅方を望む

    

    途中のトンネルは当時のままのようです。
   







  初三郎の絵には山荘や経営地が描かれており会社としての集客経営計画がされていたのでしょう。
  現在は山林と駐車場になっており計画倒れになり経営が苦しかったのがわかります。


   計画変更後の信貴山門駅図面。
   ホ−ム位置がずれているのは降車ホ−ムと乗車ホ−ムを分けたいたのでしょうか?
   初三郎の描いた絵と建物やホ−ムが図面が一致します。



   計画変更前は、こちらに車庫、工場が計画されていたようです。
   駅名も信貴山門前となっており開業時には信貴山門となったようです。


    

     信貴山門駅構内です。高安山方から信貴山門方を望む
     右側の建物と後方の建物とは段違いになっています。
     青焼図面にも構内敷地がこのように描かれており一致します。
     駅舎側のホ−ムは、手前の建物横電柱あたり、草が生えてる所にホ-ムがあり、
     ガ−ドレ−ルの曲がった所あたりにホ−ム基礎が残っています。
     
     

     ホ−ム基礎をご覧に成られてるのはJR総合技術研究所の小野田滋さん
     と柏原市教育委員会の石田さんです。
     小野田さんはNHKの「ブラタモ」でJR総合研究所を案内役をされてました。
     2012年2月に同行させて頂きました。

    
   小野田滋さんの新書が出ました。
     東京駅の建設、高架鉄道の歴史が詳しく書かれています。


      

        信貴山門駅 立派な駅舎ですね。
        駅舎は 現在の道路あたりに在りました。



   こんな山の上をどんな電車が走っていたか????

       

       こんな普通の電車が走ってました。
       ケ−ブルを乗って山の上に上がってきたら普通の電車が走っている!!!
       驚いたでしょうね。
       この形式は、デ5形で 5、6、7 と3両 日本車両で製造されました。
       なぜ?? デ1じゃないんでしょうね???
       信貴山電鉄はケ−ブルも一緒に持っていたので
       ケ-ブル車輌が 1.2 でした。
       じゃ 3.4は???
       推測ですがケ-ブルの貨物カゴか予備番号かもしれません。

       で・・・・・・・・
       このの電車 どうやって山上に持って来たか?????
       部品を山上で組み立てた???
       道路を押して上がった????
       正解は
       ケ−ブル線を利用し山上まで上げたようです。
       近鉄の歩みやHPにケ−ブル線を利用し輸送した写真が掲載されています(驚)
       休止後は また山を降り南大阪線でモ5251形として活躍後 伊賀線へ転属し昭和52年まで活躍したそうです。
       丸みのあるデザインで可愛いですね。
       全長も約14Mと短い車輌でした。

       

      当時は登山電車と呼ばれていたようですね。
      車内はロングシ−トのようです。

  列車ダイヤは???
  複線でしたが 単線なようなダイヤでした。







   転落事故
    No.6の車輌が転落事故を起こしました。

   
    今回の調査では三郷町長にもお世話になり、お忙しい中 町長室で色々 お話を聞かせて頂きました。
    信貴山電鉄沿線で育ち現在もお住まいだそうで 駅の位置、転落場所等 教えて頂きました。

   

    転落場所のようです。
    右側の現在 畑になってる場所に転落したそうです。

   山上鉄道 色々魅力がありますね。