吉野の鉄道経歴

吉野鉄道株式会社
明治32年(1899年) 吉野鉄道株式会社設立
              発起人は、吉野郡川上村大字大瀧69番邸 土倉庄三郎ほか19名
              本 社  御所町
              資本金  50万円
              建設進まず解散
明治31年3月14日 会社免状申請
             南和鉄道株式会社 葛停車場より吉野郡大淀村大字北六田に至る
             距離 6哩27鎖
             軌間 3呎6吋
             主任技術者 奥山岩太郎
 
明治30年9月16日 仮免状下付
明治32年4月15日 免状下付 第112号
             
関連文書(3B-13-1465)
  免状下付申請書
  定款
  起業目論書
  工事方法書
  勾配表
  曲線表
  建設費内訳表
  橋梁明細表
  コベルト明細表
  隧道明細表
  停車場明細表



吉野電気軌道株式会社
  関西鉄道 吉野口駅を起点とし大淀むら大字増口に至る
  軌条 50ポンド 図面あり
  明治40年7月測量の平面図あり
  客車、貨車図面、土工図あり

吉野馬車軌道株式会社→吉野軽便鉄道
 馬車軌道 調査書 
軌間 3呎6吋
軌条 30ポンド

発起人 森栄蔵ほか8名
計画進まず 発起人を坂本仙次に変更
明治43年9月5日 免許状下付 
             吉野口停車場より吉野郡大淀村大字北六田に至る
             7哩
             資本金 20万円
             本社 吉野郡大淀村大字下渕
             軌間 4呎6吋
明治44年(1911年) 会社設立
吉野鉄道株式会社の計画用地を利用し建設
大正元年(1912年) 吉野口−吉野(六田)開通
大正2年(1913年) 吉野軽便鉄道から吉野鉄道と名称変更
大正12年(1923年) 官線吉野口-橿原神宮前 開通
大正13年(1924年) 畝傍延長

関連文書(3B-13-1465)
  免状下付申請書
  ・定款
  ・起業目論書
  工事方法書
  勾配表
  曲線表
  建設費内訳表
  橋梁明細表
  コベルト明細表
  隧道明細表
  停車場明細表

東阪川橋梁 旧径間15呎 新径間20呎
径間 12呎3吋8分ノ3(斜角左80度)橋桁は、
久志屋橋梁(吉野駅構内) 径間12呎4列並に径間12呎3吋8分ノ3 1列に変更
し側線に架設する計画(明治45年3月17日 回答)

明治45年 技師 原田兵蔵(大正元年8月3日退職)
明治45年9月14日 技師 佐久間敏彦

軌条 40ポンド 50ポンド 混用 (40ポンド材料困難)

機関車 3両
独国(ア−サ−コッペル)
4輪タンク 21呎9吋 最大高さ11呎6吋1/2

客車
二等 ロ1 (元南海鉄道 特等 客第二号 C ろ9)
二等 ロ2 (元南海鉄道 特等 客第二号 C ろ10)
三等 ハ1 (元南海鉄道 並等 客第二六号 C は74)
三等 ハ2 (元南海鉄道 並等 客第二六号 C は79)
三等 ハ3 (元南海鉄道 並等 客第二六号 C は80)
三等 ハ4 (元南海鉄道 並等 客第二六号 C は81)
三等 ハ5 (元南海鉄道 並等 大鼓付 客第十九号  は42)ブレ−キ付
三等 ハ6 (元南海鉄道 並等 大鼓付 客第十九号  は45)ブレ−キ付
三等緩急合造 ハブ1 (元南海鉄道 並等緩急合造 客第四号  はに5)
三等緩急合造 ハブ2 (元南海鉄道 並等緩急合造 客第四号  はに7)
三等手荷物緩急車 ハブ3 (元南海鉄道 並等手荷緩急車 客第廿八号  はに9)
三等手荷物緩急車 ハブ4 (元南海鉄道 並等手荷緩急車 客第廿八号  はに10)

竣功監査記録より
橋梁は、合計10箇所(二箇所は拱橋)
総径間二百六十三呎六吋
奉膳川橋梁 径間 二十九呎ニ吋 三連

溝橋は、合計7箇所

八鳥川橋梁(吉野口起点5哩31鎖20節)






吉野登山電気鉄道