河陽鉄道株式会社
   
   松永白洲記念館のご紹介
  河陽鉄道・河南鉄道・大阪鉄道史
(現近鉄南大阪線、柏原線、長野線)
 明治30年の記録はココ
 簿冊A
     
河陽鉄道株式会社と吉田松陰

出水彌太郎は、品川弥二郎の協力があり河陽鉄道株式会社が設立できたのですが
その始まりは明治24年(1891年)の馬車鉄道計画では無く、約40年も前の江戸時代の事である。

江戸時代 嘉永6年(1853年)に長州、吉田松陰が脱藩の罪を許され江戸へ旅の途中に大阪へ着き、
用事の為、奈良の五条へ、その後富田林の佐渡屋徳兵衛(仲村家)に2度 計25日滞在している。
 (※詳しくは 富田林・寺内町の探訪 HPで)

なぜ?? 吉田松陰が河陽鉄道株式会社と関係があるか・・・・・。

出水彌太郎が品川弥二郎の乾分として(※大阪毎日新聞 1926.1.10)中央政権でも活躍できた。
品川弥二郎の経歴を見てみると、
 1843年11月20日生−明治33年2月26日没
 1857年 長州 萩 松下村塾入門
 1870年 渡欧 ドイツ、イギリス留学
 1891年(明治24年) 内務大臣
なんと吉田松陰の弟子であった。

これは推測ですが
出水彌太郎が富田林地区の発展に力を注いでいるのを知った品川弥二郎が吉田松陰との関係がある
富田林で活躍している出水彌太郎を応援したのかもしれない。
又は品川弥二郎が吉田松陰の繋がりで富田林地区の家とも交流があったのかもしれない。

品川弥太郎は吉田松陰が世話になった富田林は、知らないはずはない。

明治28、29年に出水彌太郎が河陽鉄道株式会社を設立し「仮免状」「本免状」が下付されたが
当時の総理大臣は 伊藤博文 であり吉田松陰の 長州 萩 松下村塾 出身でもあり
品川弥二郎と同じ門下生、品川弥二郎から伊藤博文には話をしていたでしょう。

残念な事に初代鉄道庁長官であった 井上勝は、明治26年(1893年)に退官している、
井上勝も 実は長州 萩 出身である。
 1843年8月25日生−1910年8月2日没
  長州 萩 出身
 1863年−1868年 伊藤博文他とロンドン留学 鉄道技術を学ぶ
 鉄道庁長官 1893年(明治26年)退官
 1896年(明治29年)汽車製造合資会社設立

河陽鉄道株式会社が柏原から先の延長線(河内鉄道との競合)の時に
井上勝が長官で鉄道会議でも発言権があれば河陽鉄道株式会社が
柏原から先の延長線免許を下付されたかも知れない。



河陽鉄道株式会社は、中央政権にバックアップされて設立されたかもしれない。
河陽鉄道株式会社の設立は、吉田松陰との関係が無ければ設立出来なかったかも・・・・。

明治24年
1891年
 月日不明
  明治24年頃に南河内地方の鉄道計画は出水彌太郎により鉄道馬車の敷設計画から
 始まった。
 この鉄道馬車計画が 河陽鉄道株式会社の創立につながっている。
 

■史料 河陽鉄道−1
 
富田林・柏原間鉄道馬車設計書
  「森田周作氏文書「羽曳野市史第6巻 史料編4 P711」

  建設費 金二万四千八百四十八円四十銭
  レ−ル敷述 延長六千五百間 (約11.8Km)
        巾平均一間(約1.8m)
        厚三寸(約9cm)
        比立坪三百二十五坪、
        新大和橋ヨリ鯰尾迄築堤長二百六十間(472.7m)
        木橋五箇所
        喜志、広瀬間新道
        停車場五箇所(富田林以外は、堤防上に設置)
        八名乗り客車二十両
        荷車二十両
        馬二十頭


 起点富田林、終点は柏原だが住所、線路計画図等が不明な為正確な位置はわからない。
 また中間三駅についても詳細不明。

 鉄道馬車計画は中止になった事が ■史料 河陽鉄道−2 河陽鉄道株式会社創立願
 (明治26年)に記載され発起人が出水彌太郎だった事も確認できる。
 計画中止は出水彌太郎の衆議院議員選挙と関係があるかもしれない。

 また ■史料 河陽鉄道−3 起業目論見書(明治26年)には、収支勘定の予測では、
 「明治24年7、8月分ノ実際調査セル・・・・」と書かれており河陽鉄道株式会社の創立は
 鉄道馬車計画の資料を使用している事が解る。

■史料 河陽鉄道−2
 
河陽鉄道株式会社創立願
  「国立公文書館 9500-8」

 
 出水彌太郎(でみず やたろう)


写真−大鉄全史より

 出身地−河内国 丹南郡 平尾村 大字平尾38番屋敷

 1849年頃 生まれる
 明治 5年(1872年) 平尾小学校教諭 23歳位
 明治19年(1886年) 7郡書記(19年以前は不明)
      〜
 明治24年(1891年) 7郡書記(25年は、不明) (※7郡とは下記参照)
 明治25年(1892年) 第2回衆議院議員解散選挙 落選 43歳位
 明治27年(1894年) 第3回衆議院議員解散選挙 落選 45歳位
 明治29年(1896年) 河陽鉄道株式会社社長(明治32年まで) 47歳位
 明治29年(1896年) 河内煉化株式会社社長(明治33年2月解散)
 明治29年(1896年) 狭山鉄道株式会社発起人
 明治30年(1897年) 狭山鉄道株式会社解散 48歳位
 明治30年(1897年) 吉野鉄道株式会社発起人(明治35年解散)
 明治30年(1897年) 5月 大阪府会議員選挙 落選
 明治31年(1898年) 第5回、第6回衆議院議員解散選挙 当選 49歳位
 明治32年(1899年) 河南鉄道株式会社 取締役 50歳位
 明治33年(1900年) 大阪馬車鉄道開業 取締役 51歳位
 明治33年(1900年) 2月12日 河内煉化株式会社任意解散
 明治35年(1902年) 第7回衆議院議員解散選挙 落選 53歳位
 
 *未確認*
 教語の栞 東京都京橋区月島東海岸通七丁目二番地 
 (明治43年6月11日発行)

 参考
  大阪第7区 
   (石川郡、八上郡、古市郡、安宿部郡、錦部郡、丹南郡、
               志紀郡、丹北郡、大県郡、渋川郡)

  7郡合同郡役所
    志紀・安宿部・古市・石川・錦部・丹南・八上7郡合同の郡役所
   
1883年(明治16年)古市村より、富田林村へ移転した。
   
1896年(明治29年)7郡が統合されて南河内郡が設置された。

 
   
各発起人との関係
 



郎 








吾 




吾 



     
  7郡役所関係           
明治19年                   
明治20年                  
明治21年                  
明治22年                  
明治23年                  
明治24年                  
明治25年                  
明治26年                  
明治27年                  
明治28年                  
明治29年                  
明治30年                  
明治31年                  
明治32年                  




  
 明治25年
1892年
 2月15日  出水彌太郎 第2回 衆議院議員選挙 落選 

 明治26年
1893年

7月21日 

 史料 河陽鉄道−2 河陽鉄道株式会社創立願
  出水彌太郎ら20名が発起人となり通信大臣伯爵黒田清隆宛に
  河陽鉄道株式会社創立願を大阪府に提出した。
  この創立願は、柏原から長野までであり 明治26年9月8日に
  河陽鉄道線路延長之義に付追願(史料 河陽鉄道−9)
  終点を長野から三日市に変更願を出している。

 ■史料 河陽鉄道−2
  
河陽鉄道株式会社創立願書
   「国立公文書館 3A-13-4-416-8」
(8846)



 

 河陽鉄道株式会社創立願 の内容は

 区間 大阪府下志紀郡柏原村より大阪府下錦郡長野村
 距離 12哩(約19.3km)
  (大正13年の柏原からの長野停車場中心哩程は、10哩22鎖00節となっている。)

 当初の建設予定は、柏原−長野間であった。
 幅員(軌間)は、二呎九吋(838.2mm) 
  ※史料 河陽鉄道−41 明治29年5月29日 軌道幅員変更ノ件で
    軌間を三呎六吋(1067mm)に変更。

 南河内地方の旅客、観光参拝(道明寺、応神天皇御陵、滝谷不動、観心寺他)等
 貨物輸送(薪炭、木材、木綿、米穀、氷豆腐他)等の輸送の便をはかる目的で建設
 計画されている。

 別紙に
  起業目論見書 史料 河陽鉄道−3
  略 図      史料 河陽鉄道−4 が添えられている。

 発起人は、
 出水彌太郎(後の河陽鉄道株式会社社長)ら20名

 下記の表−1は明治26年の創立願時(史料 河陽鉄道−2)
 明治28年の設立申請時(史料 河陽鉄道-24)の発起人である。
 初代河南鉄道株式会社社長 小山玄松 の名も創立願時より記載されている。

 創立時、設立申請時の発起人で沿線の人は、で示した。

 明治26年創立願時の路線敷設地区の発起人は下記の5名です。
 ・本所寿郎 古市郡西浦村大字西浦第1番屋敷(羽曳野市西浦)
 ・青谷亀次 石川郡富田林村大字富田林253番屋敷(富田林市富田林)
 ・杉山知三郎 石川郡大伴村大字山中田第1番地屋敷(富田林市山中田)
 ・木下直治 石川郡喜志村大字喜志第383番屋敷(富田林市喜志町)
 ・小山玄松 大阪府会議員(明治23年〜明治30年以後不明)
         志紀郡村長(明治23年〜明治29年以後不明)
         柏原村大字柏原第153番屋敷(柏原市本郷)
 ・武部三郎 大阪府会議員(明治26年〜明治30年)
         石川郡 戸長、村長明治19年〜明治19年以前不明)
         石川郡赤坂村大字森屋

 他の15名は、(現)大阪市内8名 (現)堺市5名 羽曳野市・八尾市 各1名
 殆どが大阪市内、堺市内の資産家13名となる。
  大阪市内
   石田庄兵衛・石田庄七・橋本善右衛門・泉清助・山口善五郎・渡辺庄助・藤本清七
  平野郷(大阪市)
   末吉平三郎
  丹南郡(美原・日置荘)
   出水彌太郎・杉田良蔵・大田平次・日置善作・
  丹南郡(羽曳野市高鷲)
   吉村庄三郎・
  大島郡湊(堺市)
   川端三郎平
   末吉平三郎
  高安(八尾市)
   久保田眞吾(明治23年高安郡村長)

  地元の発起人の住所から富田林以南、長野付近の発起人がいないのが判かり、
  喜志、富田林地区が主となってる事から富田林地区の交通輸送発展の為に建設計画
  されたのが窺われる。

  出水彌太郎と富田林地区との繋がりについては、南河内地方の教師、7郡役所(富田林)に
  勤めていた記録が残っており富田林地区と関係があり南河内地区の発展の為に力を注い
  だようです。
  地元だけでは資金不足と信用保証の為、大阪、堺の資産家の力を借り鉄道建設を進めた
  のであろう。

 ■ 表−1

創立願、設立申請 発起人、持株一覧表 
     
氏名  住所   創立願
M26.7.21
史料 河陽鉄道-3
設立申請
M28.11.22
史料 河陽鉄道-24
持株数
M28.11.22
史料 河陽鉄道-25
   
出水彌太郎  丹南郡平尾村   100    
石田庄兵衛 東区東本町 大阪銀行
頭取
砂糖商
代理 100    
本所又寿郎 古市郡西浦村 地主 100    
石田庄七 東区北久宝寺町  大阪商人 ×  ×    
橋本善右衛門 東成郡生野村  庄屋  100    
青谷亀次 石川郡富田林村    100    
杉山知三郎 石川郡大伴村  造酒屋? 代理  100    
木下直治 石川郡喜志村    100    
小山玄松 志紀郡柏原村 府会議員、村長 100    
杉田良蔵  丹南郡平尾村    100    
末吉平三郎 住吉郡平野郷町    × ×    
久保田眞吾 高安郡中高安村   村長 100    
太田平次
堺銀行頭取
丹南郡日置荘村    100    
日置善作 丹南郡日置荘村    50    
吉村庄三郎 丹南郡高鷲村    50    
川端三郎平 大島郡湊村    100    
泉清助 東区小濱  日本生命保険会社取締役 代理 100    
山口善五郎 東区平野町    50    
渡辺庄助 東区大手通    50    
藤本清七 東区高句麗橋町    100    
松永森太郎  志紀郡道明寺村   −  ○   100    
橋本尚四郎  東成郡天王寺村   ○  100     
下倉 仲 北区堂島浜通    100    
松本勝三郎 志紀郡柏原村    100    
田守三郎平  石川郡富田林村    100    
佐藤武冶郎 石川郡富田林村    100    
武部三郎 石川郡赤阪村   100    
越井醇三 石川郡富田林村   100    
辻 米蔵 石川郡富田林村   100    
奥谷貞三 石川郡富田林村    100    
越井彌太郎 東区平野町    100    
矢野佐太郎 古市郡古市村   100    
石田宇兵衛 北区堂島中   100    
阿部彦太郎 北区堂島浜    100    
岡嵜栄次郎 東区博労町    100    
今西彦三郎 東区北久太郎町    100    
山田市郎兵衛 東区南太郎町    代理 100    
伊藤九兵衛 東区南太郎    100    
糸若 緑 丹南郡埴生村    100    
山上八郎 丹南郡埴生村    100    
小泉国松 西区京町堀上通    100    
谷澤治郎平 北区堂島浜通    100    
檀野藤吾 八上郡南八下村    代理 100    
仲村一郎 石川郡富田林村   100    
高橋 薫 石川郡中村   100    
長澤頼三 石川郡中村   100    
馬場三右衛門 島下郡玉櫛村   100    
高井幸三 島下郡    代理 100    
森田米蔵 高安郡中高安村   100    
山澤保太郎 若江郡小坂村   100    
山下秀實 東成郡東平野町   100    
植田重太郎 若江郡意岐部村   代理 100    
高橋康太郎 南区鰻谷東   100     

  凡例: ○は、発起人参加、 −及び×は、発起人不参加
       代理は、総会へ代理出席


 下記の 史料 河陽鉄道−3 は、河陽鉄道株式会社創立願に記載の別紙起業目論見書である。

 ■史料 河陽鉄道−3
  起業目論見書  
   「国立公文書館 9500-9-706〜709」
 
 



 





 起業目論見書の内容は、
 
  「本社を河陽鉄道株式会社と称し本社を大阪市」
  河陽鉄道と名称を決めたのは 計画路線が河内国の南側の地方だったので
  河内の南=陽  河陽鉄道株式会社と名付けたのかもしれない。
  尚、南河内郡は、明治29年に各郡が統合されて出来た名称。
  この南は、後の河南鉄道で使われ、会社自体の名称の意味は同じである。

  本社を大阪市内に設置したのも発起人から見れば大阪市内の方が都合がよかった
  のかもしれない、又は大阪進出が当初から計画されていたのか。
  本社は南区南炭屋町に設置された現在の旧湊町駅と心斎橋の中間あたりである。

  「線路は、・・・柏原村大阪鉄道線に分枝し・・・古市・・・喜志を経て・・・富田林に出て
  長野村に至り西高野街道に接す」

  明治26年当時、大阪鉄道(現JR関西本線)柏原駅に接続し大阪市内へ旅客、貨物を
  輸送するのが大阪市内への輸送に便利であった。
  但し明治29年に柏原から住道に至る延長路線を出願しているが却下されている。
  河内鉄道、中河内鉄道との関係があった。

  富田林から大阪市内へ鉄道建設するには出水彌太郎の地元平尾を経由し堺経由で
  大阪市内へのル−トの方が、旅客、貨物とも多かったのではないかと思う。
  また出水彌太郎の地元の発展にも貢献出来たであろう。
  しかし、出水彌太郎は古市、道明寺経由で柏原へ接続した。
  そこには出水彌太郎の中央政界国会議員への進出が絡んでいた。
  明治25年の衆議院選挙で同じ大阪7区で戦ったのが東尾平太郎である。
  出水彌太郎は東尾平太郎に大差で負けており明治27年の選挙でも負けている。
  東尾平太郎は堺橋鉄道(高野鉄道)に携わっており明治26年に出願している。
  おそらく、この絡みがあり出水彌太郎は地元を通さず大阪市内への建設費も少なく
  すむ柏原に接続したではないだろうか。
  参)高野鉄道な、明治27年設立申請 明治31年1月大小路駅(現堺東)−狭山駅を開業。
    長野駅に延伸は、明治31年。

  出水彌太郎は明治29年には、狭山鉄道株式会社の発起人となり天王寺−丹南郡−狭山
  のル−ト計画でしたが結局明治30年に却下されました。
  この狭山鉄道では、現在の南大阪線の阿倍野橋〜高見ノ里付近を通りよく似たル−トで
  計画されており南大阪線が布忍−高見ノ里付近で大きく曲がるのは単なる偶然か。
  道明寺から堺へ抜けるル−トを兼用すれば現在の様にもなりますが。
  参)狭山鉄道に関しては、美原町史 第4巻 史料編V P904

  「資本金25万円を5千株に・・・」
  当初は25万円の資本金でしたが柏原−住道間延伸申請時に資本金30万円に増資して
  いる。
  
  鉄道布設費を見ると「停車場費 七ヶ所」 と書かれており
  略図 史料 河陽鉄道−4を見ると
  柏原、道明寺、古市、喜志、富田林、錦郡、長野だと解る。
  「機関車 四両」と記載されているが実際発注したのは明治30年2月24日に大倉組
  大阪支店外国掛に3両発注している。納車は、2両のみ。

  「明治24年7、8月分ノ実際調査セル・・・・」と書かれており河陽鉄道株式会社の創立は
  鉄道馬車計画の資料を使用している事が解る。
  富田林でみると人力車と荷車を足せば450両となる単純計算で日中を12時間とすれば
  1時間あたり37両 往復通るとして約1分間に約1両 東高野街道を通っていた事になる。
  多方面へ向かう人力車、荷車もあるので 東高野街道は人の往来が凄かった事になるが・・・・・。

  株数については、20人が全て百株 五千円となっている。

■ 表−2 鉄道敷設一覧表
鉄道敷設費用一覧表                  
    創立願
M26.7.21 
史料 
河陽鉄道−3
起業目論見書
M26.9.8
史料 
河陽鉄道−11
起業目論見書
M28.11.22
史料 
河陽鉄道−26
 
                           


敷設費 250,000円  300,000円  300,000円                             
用地費 10800円   15000円 15000円                            
土工費 21600円  25200円  25200円                            
橋梁費 63000円   93000円  93000円                            
溝梁費 18000円   20000円  20000円                            
伏樋費 250円   500円  500円                            
軌道費 36770円   42890円  42890円                            
鉄軌代 30000円   35000円  35000円                            
枕木代 4250円   4950円  4950円                            
敷設代 2400円   2800円  2800円                            
諸標代 120円   140円 140円                            



停車場費 16700円   16700円  16700円                            
七箇所 4200円   4200円  4200円                            
車庫貨物庫 5000円  5000円  5000円                            
転車台、給水器
其外器具共
7500円   7500円  7500円                            


車輌費 48000円 48000円   48000円                            
機関車四両 24000円 22000円   24000円                            
客車、緩急車二十両 12000円 16000円  16000円                            
貨物車 二十両 8000円 8000円   8000円                            
  機械場費 2500円 2500円   2500円                            
  通信費 2000円 2500円   2500円                            
  測量、工事監督費 3000円 5000円   5000円                            
  創業費 5000円 5000円   5000円                            
  予備費 22380円 23710円   23710円                            
                                     


下記の 史料 河陽鉄道−4 は、河陽鉄道株式会社創立願に記載の別紙略図である。

  ■史料 河陽鉄道−4
  略 図  
   「国立公文書館 9500-15」
 
 
 
 

 この略図を見ると当初の計画が全て石川沿いを通るように描かれている。
 実際敷設されたル-トは東高野街道に沿っているので この略図と比べると
 道明寺−富田林間が街道より東側に通っており、古市村、喜志村、富田林
 の東側に建設予定されていた事が解った。
 当初の鉄道馬車計画ル−トに近いようですが
 どのような理由で、どの時点で現在のように変更になったかは不明。
 ※長野−三日市間が書かれているが書き方から見ると追加で書かれている。

 以上 明治26年7月21日

 明治26年
1893年
 
7月26日
 
 史料 河陽鉄道−5 河陽鉄道株式会社創立に付上申
  明治26年7月26日に大阪府知事 山田信道は、通信大臣伯爵黒田清隆へ
  河陽鉄道株式会社創立に対して許可してほしいと上申書を提出。
  私鉄条例を厳守し柏原村より長野村までの軽便鉄道の敷設を願い出ており
  資産も相当持っていて本線は高野街道沿いで旅客、貨物も少なくなく運輸上
  利便を受けるので設立許可を頂きたい。

  ■史料 河陽鉄道−5
  河陽鉄道株式会社創立に付上申  
   「国立公文書館 9500-7-699」
 


 

 7月21日付の創立願を大阪府に出願し 大阪府知事が7月26日付で逓信大臣に
 創立願と一緒に出した上申書だろう。

 以上 明治26年7月26日

明治26年
1893年
 
8月10日

 史料 河陽鉄道−6 河陽鉄道株式会社假定款 8月10日付

  ■史料 河陽鉄道−6
  河陽鉄道株式会社假定款  
   「国立公文書館 9500-10」
 8862
 

 全11枚 第66条まで記載あり発起人の名前も記載
 詳細は→ココ

 ※8月10日は、史料 河陽鉄道−10 河陽鉄道株式会社仮定款変更の義に付き追願
   (9500-12)に記載
 この時点では、終着点は、長野村(12哩)となっており資本金も25万円である。
 
 以上 明治26年8月10日
 
明治26年
1893年
 
8月22日
 史料 河陽鉄道−7 官府文書課長より鉄道庁宛
  明治26年8月22日に 河陽鉄道発起人より假定款及起業目論見書依り
  大阪府知事添え書き進達に付き・・公証人認証・・・当時不在・・・

  ■史料 河陽鉄道−7
  官府文書課長より鉄道庁宛  
   「国立公文書館 9500-9B」
 
 

 河陽鉄道株式会社 官府文書課長より鉄道庁宛で公証人が不在で認証が
 できなかった?

 以上 明治26年8月22日
 
明治26年
1893年
  
9月 8日
 史料 河陽鉄道−9 河陽鉄道線路延長之義に付追願
  史料 河陽鉄道−2 河陽鉄道株式会社創立願 7月21日付 の上願で
  長野へ至る延長12哩と予定を南へ2哩の所に三日市という宿駅に終点を変更

  ■史料 河陽鉄道−9
  河陽鉄道線路延長之義に付追願  
   「国立公文書館 9500-12-737」
 
 









 この追願で 終着点を「長野」から「三日市」に変更し
 距離も 「12哩」から南へ2哩行った所に高野街道筋で有名な「三日市」
 という宿駅があり当然終点を三日市に置きたかったが
 長野と三日市の間には西條川の谷川があり架橋が非常に困難な為
 終点を長野としましたが その後両方より踏査し技師によると案外容易に
 架橋できる事がわかり工事予定の半分で完全な橋梁が架設できる事がわかり
 三日市までの延長に変更、別紙 
 河陽鉄道−10 起業目論見書、
 河陽鉄道−4 略図訂正
 史料 河陽鉄道−11追願 を提出。
 

 以上 明治26年9月8日 
  
明治26年
1893年

9月 8日 
 
 河陽鉄道−10 起業目論見書 
  史料 河陽鉄道−9 河陽鉄道線路延長之義に付追願 の附属別紙である。
 
  ■史料 河陽鉄道−10
  起業目論見書  
   「国立公文書館 9500-11-747」
 












 

 この追願で 終着点を「長野」から「三日市」に変更し
 距離も 「12哩」から「14哩」と2哩(3.219km)ですが
 現在の南海電鉄 河内長野−三日市間は約1.7kmなので少し合わない。

 以上 明治26年9月8日
  
明治26年
1893年
 
9月 8日
 
 下記の 史料 河陽鉄道−4 は、河陽鉄道株式会社創立願に記載の
  別紙略図訂正である。
  史料 河陽鉄道−9 河陽鉄道線路延長之義に付追願 の附属別紙である。

  ■史料 河陽鉄道−4
  略 図  
   「国立公文書館 9500-15」
 
 
 



 明治26年7月21日付の略図に長野から三日市まで書き加えられている。
 この略図を見ると当初の計画が全て石川沿いを通るように描かれている。
 実際敷設されたル-トは東高野街道に沿って建設された。
  以上 明治26年9月8日
   
明治26年
1893年
  
9月 8日

 史料 河陽鉄道−11 河陽鉄道株式会社假定款中変更の義に付き追願
  史料 河陽鉄道−9 河陽鉄道線路延長之義に付追願 の附属別紙である。
  明治26年8月10日付に出願した史料 河陽鉄道−6 河陽鉄道株式会社假定款中 
  第4条中
  「長野村に至る12哩」を「三日市村14哩」に変更
  第6条中
  「25万円として之を5千株」を「30万円として之を61千株」に変更

  ■史料 河陽鉄道−11
  河陽鉄道株式会社假定款中変更の義に付き追願  
   「国立公文書館 9500-12-742」
 
 







 この追願で 終着点を「長野」から「三日市」に変更し
 距離も 「12哩」から「14哩」と2哩(3.219km)なので
 現在の南海電鉄 河内長野−三日市間は約1.7kmなので少し合わない。

 以上 明治26年9月8日
 明治27年
1894年

 3月1日
  出水彌太郎 第3回 衆議院議員選挙 落選

 明治27年
1894年

5月 8日
立案

5月11日
受領
 史料 河陽鉄道−12 河陽鉄道線路発起並鉄道敷設の件で諮詢
  河陽鉄道株式会社についての参考資料。


  ■史料 河陽鉄道−12
  鉄道会議、諮詢ノ件  
   「国立公文書館 9500-6-693」
 



 


















 
 
 
 

 明治27年5月8日立案で大臣から鉄道会議へ諮詢する書類。
 河陽鉄道株式会社発起並びに鉄道敷設の件の参考資料を
 逓信省で写しを作成し添付している。
 
 明治27年5月8日

 明治27年
1894年

6月15日
立案
史料 河陽鉄道−13 河陽鉄道線路発起並鉄道敷設の件で諮詢
  「堺橋鉄道」の件も諮詢。

  ■史料 河陽鉄道−13
  鉄道会議、諮詢ノ件
   「国立公文書館 9500-4」
 
 
 
 

  明治27年6月15日立案で大臣から鉄道会議へ諮詢する書類が立案され
  翌日の16日に大臣から鉄道会議へ諮詢書類が渡され
  6月25日に鉄道会議議長は逓信大臣に諮詢の通りと答えており
  通常ならこのまますぐに河陽鉄道株式会社に假免状が下付されるが
  日清戦争の為、下付されなかったようである。

  ※日清戦争(明治27年7月〜明治28年3月休戦締結)

  「堺橋鉄道」とは高野鉄道(堺−橋本間)の建設予定鉄道で河陽鉄道が
  長野−三日市間が「堺橋鉄道」建設区間と重複する為に鉄道会議で検討された。

  明治27年6月15日立案

 明治27年
1894年

12月17日

 史料 河陽鉄道−14 河陽鉄道株式会社假定款、目論見書を
 提出している、これは明治26年9月8日に延長線訂正定款等を提出したが
 なかなか假免状が下付されないので催促の意味もあり假定款と目論見書を
 再提出したのであろうか。
  ※日清戦争(明治27年7月〜明治28年3月休戦締結)

  ■史料 河陽鉄道−14
  河陽鉄道株式会社假定款、目論見書  
   「国立公文書館 9500-12-742」
 
 
 
 
 

  河陽鉄道株式会社假定款(史料 河陽鉄道−6) 8月10日付 を訂正した假定款。
  と河陽鉄道株式会社目論見書。
  ※河陽鉄道株式会社仮免状御下付の義に付追願 明治27年 史料 河陽鉄道−X
    に日付あり。

 以上 明治27年12月17日

明治28年
1895年

3月14日
史料 河陽鉄道−15 河陽鉄道株式会社假免状下付の義に付追願を
  提出した、明治27年12月17日に假定款、目論見書史料 河陽鉄道−14
  を再提出していたが假免状が下付されないので追願を提出した。


  ■史料 河陽鉄道−15
  河陽鉄道株式会社假免状下付の義に付追願  
   「国立公文書館 9500-18-790」
 
 

  假免状が下付されないのは日清戦争の為ではないか、戦争と
  假免状下付とは関係が無いとの事を言い追願を提出した。
    ※日清戦争(明治27年7月〜明治28年3月休戦締結)

 以上 明治28年3月14日
 
明治28年
1895年

2月12日
立案

9月17日
受領
 史料 河陽鉄道−16 河陽鉄道株式会社発起並鉄道敷設ノ件で
  鉄道会議を通ったという書類。


  ■史料 河陽鉄道−16
  河陽鉄道株式会社発起並鉄道敷設ノ件
   「国立公文書館 9500-3」 
 
  河陽鉄道線路発起並鉄道敷設の件で諮詢(史料 河陽鉄道−13)にて
  明治27年6月25日に鉄道会議議長より逓信大臣へ書類が回っていたが
  おそらく日清戦争の為に許可されなかったのであろう。
  
 以上 明治28年9月17日受領
 
明治28年
1895年 

9月27日
 史料 河陽鉄道−17 河陽鉄道株式会社発起並鉄道敷設ノ件 
 假免状の案を添付し 伊藤博文内閣総理大臣へ回された。


  ■史料 河陽鉄−17
  河陽鉄道株式会社発起並鉄道敷設ノ件
   「国立公文書館 5800-1205」
 
 
  日清戦争も落ち着き、ようやく伊藤博文内閣総理大臣へ假免状の案が
  回された。

 以上 明治28年9月27日
 
明治28年
1895年 

10月8日
 史料 河陽鉄道−18 河陽鉄道株式会社発起並鉄道敷設ノ件
 閣議決定された。

  ■史料 河陽鉄道−18
  河陽鉄道株式会社発起並鉄道敷設ノ件
   「国立公文書館 5800-0125」
 
 明治28年10月8日に閣議決定された。

明治28年
1895年 

10月8日
史料 河陽鉄道−19 河陽鉄道株式会社発起並鉄道敷設ノ件は、
 請議の通 内閣総理大臣 伊藤博文


  ■史料 河陽鉄道−19
  河陽鉄道株式会社発起並鉄道敷設ノ件
  「国立公文書館 9500-3」
 
 


 以上 明治28年10月8日

 明治28年
1895年

10月8日 
  史料 河陽鉄道−20 河陽鉄道株式会社假免除下付ノ件
  逓信大臣より大阪府知事へ假免状下付の書類


  ■史料 河陽鉄道−20
  河陽鉄道株式会社假免状下付ノ件
  「国立公文書館 9500-1」
 
 
 閣議決定された、その日に逓信大臣より大阪府知事へ假免状下付の
 書類が回された。

 以上 明治28年10月8日

 明治28年
1895年

10月10日 
 史料 河陽鉄道−21 河陽鉄道株式会社假免状
  逓信大臣より河陽鉄道株式会社発起人へ假免状が下付された。


  ■史料 河陽鉄道−21
  河陽鉄道株式会社假免状
  「国立公文書館 9500-22」
 
 
 ようやく逓信大臣より河陽鉄道株式会社発起人へ假免状が
 下付された。
 これにより、路線計画の測量ができる。
 また、12ヶ月以内に必要書類、図面を添え免許状下付申請をする。

 以上 明治28年10月10日

 明治28年
1895年

11月7日 
 史料 河陽鉄道−22 河陽鉄道株式会社創業総会てん末
  河陽鉄道株式会社の創業総会が大阪市東区平野町4丁目の
  料亭 堺卯で開催された。


  ■史料 河陽鉄道−22
  河陽鉄道株式会社創業総会転末
  「国立公文書館 9500-22」
 
 
 
 11月7日 午後5時より大阪市東区平野町4丁目の料亭 堺卯 にて総会が
 開催された、出席者43名と書かれている発起人51名だけなら8名欠席となる
 申請書(史料 河陽鉄道−25)には、7名の欠席者が記載されている。
 この総会で社長、取締役、監査役が決定した。
 表−3 河陽鉄道株式会社役員一覧表
 役職名  氏  名    
社長
専務取締役 
 出水 彌太郎  地 主  
 取締役  泉  清助 日本生命保険会社 取締役   
 取締役  太田 平治  堺銀行 頭取  
 取締役  本所 又壽郎 地 主   
 取締役  菅野 元吉 大阪鉄道株式会社 支配人  
 監査役  岡橋 治助 第三十四銀行 頭取   
 監査役  阿部 彦太郎 近江商人 内外綿株式会社社長   
 監査役  田守 三郎平  富田林銀行専務取締役  

 表−3から見ると鉄道関係者は大阪鉄道支配人  菅野 元吉 のみで
 あとは、銀行、資産家である。

 (※堺銀行については堺市HP参照)

 以上 明治28年11月 7日
 
 明治28年
1895年
 
11月19日
 
 史料 河陽鉄道−23
 河陽鉄道株式会社発起認可証 公証人が假免状が
 原書と相違無い事を認めた書類です。

  ■史料 河陽鉄道−23
  河陽鉄道株式会社発起認可証
  「国立公文書館 9500-22」
 
 
 以上 明治28年11月19日
 
 明治28年
1895年
 
11月22日

  史料 河陽鉄道−24
  河陽鉄道株式会社設立免許申請書類及図面目録です。
   免状申請に必要な書類、図面目録が書かれている。

  ■史料 河陽鉄道−24
  河陽鉄道株式会社設立免許申請書類及図面目録
  「国立公文書館 9500-22」
 
 
  
 河陽鉄道株式会社の免状申請の為の提出書類一覧表です。
 一部順番には、残っているが本社費予算表、営業資金予算表、運輸営業収支予算表
 は、無い。
 線路縦断面図以後の15項目以後も、残念ながら残っていない。
 しかし 1ヶ月ちょとで これだけの詳細な測量、計画ができるのか?
 やはり假免状前から準備、作成をしていたのでしょう。

 以上 明治28年11月22日
 
 明治28年
1895年
 
11月22日

 史料 河陽鉄道−25
 河陽鉄道株式会社設立免許ノ義に付申請書である。
 明治28年11月22日付で発起人51名の名前と捺印がされてある。

  ■史料 河陽鉄道−25
  河陽鉄道株式会社設立免許ノ義に付申請
  「国立公文書館 9500-22」
 
 
 
 
 
 
 
 河陽鉄道株式会社発起人を
 明治26年の創立願時(史料 河陽鉄道−2)
 明治28年の設立申請時(史料 河陽鉄道-25)
 発起人を表−1にまとめた。
 
 この申請書文中で10月4日付第44号を以って仮免状御下付となっているが
 史料 河陽鉄道−21 河陽鉄道株式会社假免状の日付は、10月10日となっている。
 なお、閣議決定された日(史料 河陽鉄−18)は、10月8日である。

 以上 明治28年11月22日
 
 明治28年
1895年
 
11月22日

 史料 河陽鉄道−26
 河陽鉄道株式会社目論見書である。
 敷設費用と運輸営業上の収支予算、発起人の株数が記載れている。

  ■史料 河陽鉄道−26
  河陽鉄道株式会社目論見書
  「国立公文書館 9500-22」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 鉄道敷設費用の明治26年と 河陽鉄道株式会社目論見書(史料 河陽鉄道−26)
 比べたのが 表−2 鉄道敷設一覧表 です。
 また、持株数については 表−1 創立願、設立申請 発起人、持株一覧表 にまとめた。

 以上 明治28年11月22日
 
 明治28年
1895年
 
11月22日

 史料 河陽鉄道−27
 河陽鉄道株式会社定款

  ■史料 河陽鉄道−27
  河陽鉄道株式会社定款
  「国立公文書館 9500-22」
 
 
 この定款が基となっているが 本社所在地は大阪市のみの記載。
 この続きがあるが未印刷。

  明治28年11月22日河陽鉄道株式会社
  
 明治28年
1895年
 
11月22日
 史料 河陽鉄道−22参照 11月7日開催の河陽鉄道株式会社創業総会てん末
 
 明治28年
1895年
 
11月22日

史料 河陽鉄道−23参照
  11月19日 河陽鉄道株式会社発起認可証
 
 明治28年
1895年
 
11月22日

 史料 河陽鉄道−28
河陽鉄道株式会社主任技術員 工学士 渡邉秀次郎 が
 作成した工事方法書です。

  ■史料 河陽鉄道−28
  河陽鉄道株式会社工事方法書
  「国立公文書館 9500-22」
 
 
 
 
 工事方法書には、
 大阪鉄道 柏原停車場起点、三日市村まで11哩22鎖50節(18.155km)と記載
 されており大正13年の長野停車場中心哩程は、10哩22鎖00節となっている。
 表−3に創立願から大正13年の駅距離を表した。

 全線単線にて軌間は2呎9吋(838.2mm)になっている、明治18年開業の阪堺鉄道
 (後の南海鉄道)が2呎9吋(838.2mm)であったが明治30年に南海鉄道との直通運転
 の為に3呎6吋に改軌した。

 築堤の上面幅は13吋(約3.96m)〜15吋(約4.57m)、法面等が記載されている。

 軌條は、鋼錬製で1?に付き重量30ポンド
 (1碼に付き30ポンド  (914mmに付き13.6kg)=(1mに付き14.9kg))
 なので 15kg/M となりかなり小さい。
 実際使われなかったと思われる、実際には40ポンドの可能性が高い。
 河南鉄道工事方法書、大鉄全史には、20Kgレ−ルと記載されている。
 (1碼に付き40ポンド  (914mmに付き18.14kg)=(1mに付き19.85kg))

 枕木は、30呎間(9.144m)に12梃
 基本寸法は 長さ7呎8吋(2.337m)  厚4吋(10.16cm)

 橋梁 
  大和川   径間60呎 10張
  西條川   径間60呎  1張
  青池井路 径間15呎 
  玉水井路 径間15呎
  大乗川   径間18呎
  喜志井路  径間15呎

 木桁 は、檜または、棒を使用
   径間 18呎  長さが21呎 厚1呎6吋  幅1呎2吋
   径間 15呎  長さが18呎 厚1呎3吋  幅1呎

 コベルト は、橋梁に準じ 桁 は、檜または、棒を使用
   径間 12呎  長さが15呎 厚1呎2吋  幅1呎
   径間 10呎  長さが12呎10吋 厚1呎  幅10吋
   径間  8呎  長さが10呎10吋 厚1呎  幅 9吋 
   径間  6呎  長さが 8呎10吋 厚9吋  幅 7吋
   径間  5呎  長さが 7呎10吋 厚9吋  幅 7吋

 停車場
   柏原停車場は、大阪鉄道と協議をし認可えれば
   極端停車場として必要なる一切の建築を施工する。
   機関車庫、客車庫、転車台、石炭積場、給水器等

 電話
  全線に電話線を架設し各停車場に電話機を備え通信する。

 保安方法
  全線「スタフエンドチケットシステム}を採用

 機関車
  四輪連結タンク付 重量18噸
 
 客車、貨車共に大阪鉄道所用と同様
 
 車輪間隔
  車輪間隔を減らして軌道幅員2呎9吋に適合するものにする。

  本免許状を受ければ直ちに施工に着手の準備をして工事を起工するが
  大和川架橋は最長月日を要し全竣工は三ヶ年かかる。

 表−3 柏原停車場からの各駅の距離
 停車場 創立願
M26.7
史料 河陽鉄道-2 
 追 願
M26.9
史料 河陽鉄道-9
工事方法書
M28.11
史料 河陽鉄道-28
大阪鉄道
T13.12
   
 柏 原  0哩00鎖00節  0哩00鎖00節  0哩00鎖  0哩00鎖00節    
 道明寺 −   −  1哩66鎖  1哩27鎖50節    
 古 市 −   −  2哩75鎖  2哩52鎖50節    
 喜 志 −   −  5哩35鎖  4哩53鎖50節    
 富田林 −   −  6哩40鎖  6哩06鎖00節    
 錦 郡 −   −  8哩20鎖  7哩05鎖00節    
 長 野 12哩   − 10哩22鎖00節     
 三日市 −   14哩   11哩12鎖  −    

 
 明治28年
1895年
 
11月22日

 史料 河陽鉄道−29
 建設費予算表河陽鉄道株式会社 である。
 内容は用地、土工、橋梁、コベルト、伏樋、軌道、停車場、車輌、他
 詳細に書かれている。

  ■史料 河陽鉄道−279
  河陽鉄道株式会社建設費予算表
  「国立公文書館 9500-22」
 
 
 
 
 
 この予算書から見ると 築堤が切土の約4倍もあり、更に停車場地上もある為
 大量の盛土が必要なのがわかる。
 橋梁は、2箇所(大和川、西條川)が鋼鈑桁で残りの4橋梁は木桁になっている、
 西條川橋梁の1呎あたりの単価70円と高いのがよくわかる。
 コベルトは、(12呎まで)18箇所と実際の溝橋の約半分しか計画されていない。
 軌道費では、ポイントが35組あり各停車場に2組とすると7停車場あるので14組
 となり残り21組もあり貨物線や留置線の計画も多かった様である。
 信号機は両端停車場は、各2本づつだが中間停車場は、3本となっている。
 1停車場に2線だとすれば上下1本づつで計2本、3本という事は貨物線が1線
 上下共通でも起点、終点方面へ計2本必要となり3本とは?
 停車場の詳細 表−3 を見ると

 表−3 
  柏 原 道明寺  古 市  喜 志  富田林  錦 郡  三日市 
本 屋 24坪 24坪 24坪 24坪 24坪 21坪
乗降場 900呎
274m
520呎
158m
520呎
158m
300呎
91m
520呎
158m
300呎
91m
900呎
274m
信号機 2本 3本  3本  3本  3本  3本  2本 
物 置 4坪  4坪  4坪  4坪  4坪  4坪  4坪 
便 所 4坪  4坪  4坪  4坪  4坪  4坪  4坪 
荷物庫 10坪 10坪 10坪 15坪
機関車庫 25坪 −  25坪
客車庫 60坪 60坪
転車台 1ヶ所 1ヶ所
給水器 1ヶ所 1ヶ所
石炭積場 1ヶ所 1ヶ所

  表−3 を見ると 両端部停車場に機関車、客車設備があり 運転も途中駅折り返しを
  あまり考慮していない計画であったように思える。
  柏原に荷物庫が無いのがなぜか?喜志、錦郡は小型停車場計画だったようです。
  乗降場の長さは、1面か2面か3面かは、不明。
  実際は、柏原駅構内での機関庫、客車庫、転車台は出来なく最終的に富田林駅横に
  機関庫、客車庫等の設備があり転車台も営業後数年経ってから建設された。

  明治28年11月22日河陽鉄道株式会社
 
 明治28年
1895年
 
11月22日

 史料 河陽鉄道−30
 河陽鉄道株式会社線路曲線図 
 曲線箇所の距離と半径、角度など一覧表になっている。

  ■史料 河陽鉄道−30
  河陽鉄道株式会社線路曲線図
  「国立公文書館 9500-22」
 

 
 この曲線表を大正13年の曲線表と比べれば予定計画と実際の路線の違いが
 判明する。

  明治28年11月22日
     
 
 明治28年
1895年
 
11月22日

 史料 河陽鉄道−31
 河陽鉄道株式会社線路勾配表
 計画予定の勾配位置と海面上高さが一覧表になっている。

  ■史料 河陽鉄道−31
  河陽鉄道株式会社線路勾配表
  「国立公文書館 9500-22」
 

 
 この線路勾配表を大正13年の縦断面図と比べれば予定計画と実際の路線の違いが
 判明する。

  明治28年11月22日
 
 明治28年
1895年
 
11月22日

 史料 河陽鉄道−32
 河陽鉄道株式会社 主任技術員
                工学士 渡邉秀次郎

  ■史料 河陽鉄道−32
  河陽鉄道株式会社 主任技術員
  「国立公文書館 9500-22」
 
 
  河陽鉄道株式会社計画路線を担当した技術士は、 工学士 渡辺秀次郎であった。
  河陽鉄道株式会社では、主任技術員と書かれているが大阪鉄道株式会社では、
  亀瀬隧道工事の 技術部長でもあった。
  渡辺秀次郎は、関西鉄道株式会社では、白石直治の元 四日市−関間を担当し
  大阪鉄道へ移り、河陽鉄道株式会社取締役に就任した 菅野元吉 (大阪鉄道支配人)
  の誘いで河陽鉄道株式会社の計画を担当したのであろう。
  その後、勢和鉄道の計画で主任技術士として移っていった。
  河陽鉄道株式会社は、後任に大阪鉄道株式会社から出向で湯川為太郎を技術員として
  迎え入れた。

  明治28年11月22日河陽鉄道株式会社
 
 明治28年
1895年
 
11月22日

 史料 河陽鉄道−33
 河陽鉄道株式会社 線路平面図

  ■史料 河陽鉄道−33
  河陽鉄道株式会社
  「国立公文書館 9500-22」
 
 
 
 この線路平面図は松永白洲記念館に保管されている線路平面図(写真−1)を写した
 の図面の様である。
 この図面は河南鉄道と書かれており松永白洲記念館の線路平面図とは、用紙が違います。
 松永白洲記念館で現物を確認したが色彩で描かれ綺麗である、溝や道路の付替え
 場所も朱色で寸法まで書かれていた。

     国立公文書館蔵

    






 写真−1(松永白洲記念館蔵)


  明治28年11月22日河陽鉄道株式会社
 
 明治28年
1895年
 
12月20日

 史料 河陽鉄道−34
 河陽鉄道株式会社諮詢ノ通免状下付
  鉄道会議が通過した。

  ■史料 河陽鉄道−34
  河陽鉄道株式会社諮詢ノ通免状下付
  「国立公文書館 9500-21」
 
 
 明治28年12月20日付で鉄道会議が通過した。

  明治28年12月20日
 
 明治29年
1896年
 
1月 9日
受領

1月10日
達済

 史料 河陽鉄道−35
 河陽鉄道株式会社諮詢ノ通免状下付
  鉄道会議幹事より逓信大臣へ

  ■史料 河陽鉄道−35
  河陽鉄道株式会社諮詢ノ通免状下付
  「国立公文書館 9500-21」
 
 
 
 
 明治28年12月20日付で鉄道会議が通過し、
 鉄道会議幹事より逓信大臣に送られた。
 

  明治29年 1月 9日
  
 明治29年
1896年
 
1月10日
 史料 河陽鉄道−36 河陽鉄道株式会社諮詢ノ通免状下付
  逓信大臣より内閣総理大臣 伊藤博文へ送られた。

  ■史料 河陽鉄道−36
  河陽鉄道株式会社諮詢ノ通免状下付
  「国立公文書館 6400-254」
 
 
 明治28年12月20日付で鉄道会議が通過し、
 鉄道会議幹事より逓信大臣に送られた。
 明治29年1月10日に逓信大臣から内閣総理大臣 伊藤博文へ送られた。

 明治29年1月10日
  
 明治29年
1896年
 
1月25日
 史料 河陽鉄道−37 河陽鉄道株式会社設立及鉄道敷設免許状下付ノ件
  逓信大臣請議に河陽鉄道株式会社の件裁可を仰ぐ。

  ■史料 河陽鉄道−37
  河陽鉄道株式会社設立及鉄道敷設免許状下付ノ件
  「国立公文書館 6400-254」
 
 
 明治28年12月20日付で鉄道会議が通過し、
 鉄道会議幹事より逓信大臣に送られた。
 明治29年1月10日に逓信大臣から内閣総理大臣 伊藤博文へ送られた。
 明治29年1月25日付で裁可を仰ぐと内閣総理大臣伊藤博文が提出。

 明治29年1月25日
 
 明治29年
1896年
 
1月27日

 史料 河陽鉄道−38
 河陽鉄道株式会社免状下付の件閣議決定

  ■史料 河陽鉄道−38
  河陽鉄道株式会社免状下付の件閣議決定
  「国立公文書館 9500-255」
 
 
 明治28年12月20日付で鉄道会議が通過し、
 鉄道会議幹事より逓信大臣に送られた。
 明治29年1月10日に逓信大臣から内閣総理大臣 伊藤博文へ送られた。
 明治29年1月25日付で裁可を仰ぐと内閣総理大臣伊藤博文が提出。
 明治29年1月27日付で閣議決定された。
 
  明治29年 1月27日
 
 明治29年
1896年
 
1月27日

 史料 河陽鉄道−39
 河陽鉄道株式会社設立並に鉄道敷設免許状下付の件
 請議の通

  ■史料 河陽鉄道−39
  河陽鉄道株式会社設立及鉄道敷設免許状下付ノ件
  「国立公文書館 9500-21」
 
 
 明治28年12月20日付で鉄道会議が通過し、
 鉄道会議幹事より逓信大臣に送られた。
 明治29年1月10日に逓信大臣から内閣総理大臣 伊藤博文へ送られた。
 明治29年1月25日付で裁可を仰ぐと内閣総理大臣伊藤博文が提出。
 明治29年1月27日付で閣議決定された。
 明治29年1月27日付で内閣総理大臣伊藤博文が請議の通。

  明治29年 1月27日
 
 明治29年
1896年
 
1月29日
立案

2月4日
達済

 史料 河陽鉄道−40
 河陽鉄道株式会社設立並に鉄道敷設免許状下付の件
 免状下付

  ■史料 河陽鉄道−40
  河陽鉄道株式会社設立及鉄道敷設免許状下付ノ件
  「国立公文書館 9500-21」
 
 
 
 
 明治28年12月20日付で鉄道会議が通過し、
 鉄道会議幹事より逓信大臣に送られた。
 明治29年1月10日に逓信大臣から内閣総理大臣 伊藤博文へ送られた。
 明治29年1月25日付で裁可を仰ぐと内閣総理大臣伊藤博文が提出。
 明治29年1月27日付で閣議決定された。
 明治29年1月27日付で内閣総理大臣伊藤博文が請議の通。
 明治29年1月29日付で逓信大臣より大阪府知事へ免状下付の書類が渡され
 明治29年2月 4日付で河陽鉄道株式会社に免状が下付された。

  明治29年 2月 4日
  
 明治29年
1896年
 
2月13日
 史料 河陽鉄道− 河陽鉄道株式会社 役員広告
                大阪毎日新聞

  ■史料 河陽鉄道−
  河陽鉄道株式会社 役員広告
  毎日新聞 明治29年2月13日付
  「 」
 


  明治29年 2月13日
  
 明治29年
1896年
 
3月 2日
 史料 河陽鉄道− 河陽鉄道株式会社 株金払込広告
                大阪毎日新聞

  ■史料 河陽鉄道−
  河陽鉄道株式会社 株金払込広告
  毎日新聞 明治29年3月 2日付
  「 」
 


  明治29年 3月 2日
  
 明治29年
1896年
 
4月 16日
 史料 河陽鉄道− 河陽鉄道株式会社 新聞記事 大阪毎日新聞
             通常総会を開き第1回事業及び決算報告を4月27日開催予定。

  ■史料 河陽鉄道−
  河陽鉄道株式会社 新聞記事
  毎日新聞 明治29年4月16日付
  「 」
 


  明治29年 3月 2日

免 状 下 付
明治29年 2月 4日
  
明治29年
1896年 
 5月12日  松永長三郎 土地収用事務嘱託
 
 明治29年
1896年
 
5月29日

 史料 河陽鉄道−41
 河陽鉄道株式会社幅員変更許可ノ件
  幅員(軌間)を二呎九吋(838.2mm) を三呎六吋(1067mm)に変更を認める。

  ■史料 河陽鉄道−41
  河陽鉄道株式会社幅員変更許可ノ件
  「国立公文書館 6400-0557」
 
 
 
 計画当初は幅員(軌間)は、二呎九吋(838.2mm) だったが明治29年5月29日
  軌道幅員変更ノ件で軌間を三呎六吋(1067mm)に変更許可がおりた。

  明治29年 5月29日
 
 明治29年
1896年
 
7月 1日
 
 河内鉄道が終点を八尾から柏原へ変更申請した書類
 河陽鉄道株式会社との争い

  ■史料 河内鉄道
  河内鉄道株式会社 終点変更及訂正申請書
  「国立公文書館 河内鉄道」
 
 

  
 明治29年
1896年
 
10月20日
  本社工程報告書を鉄道局に進達したり
 史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治29年
1896年
 
10月31日
 土地収用法適用願 を大阪府に稟請したり
 史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治29年
1896 
 
10月31日
枕木売買契約 日本貿易株式会社
 史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治29年
1896 
 
11月14日
社寺見取図進達 土地収用法適用願に要する社寺見取図及び
承諾書を大阪府に差出したり 
史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治29年
1896 
 
12月 1日
大和川鉄橋架設出願 大阪府へ出願
 史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治29年
1896 
 
12月 3日
大和川橋脚受負契約 丁戊ノ二種受負契約を
岡崎鉄工所と締結
 史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治29年
1896
 
12月 5日
 道明寺天満宮にて起工式
     起工式招待者
  ・株主 136名
    柴虎次郎、阪上新次郎、山内直次郎、松永森太郎、越井醇三、
    辻米造、小山玄松、他
    
    役員等(株主)
     本所又寿郎、田守三郎平、泉清助、阿部彦太郎、岡橋治助、
     太田平治、菅野元吉、渡邉秀次郎
 
   ・大阪府 20名
     知事 内海忠勝
     書記官 吉原三郎
     参事官 西村義道
     第二課長  植木平之允
     第一課長 平林保徳
      ニ課員  小島友吉
      ニ課員  有田策郎
 熊谷銓吉 中野勇二 齋藤研一 吉住元策
 佐伯仲蔵 渡邉武ニ郎 香川鋭太郎
 岡松忠○ 兵須久○ 箕浦理三郎
 渡邉武二郎 三宅信隈 工冨○高


   ・府会議員 15名




   ・取引銀行 5名
      第三十四国立銀行、日本共同銀行、大阪銀行、堺銀行、富田林銀行

      第三十四国立銀行(明治11年-明治30年→且O十四銀行改称)
      日本共同銀行(明治28年-明治32年→且O十四銀行合併)
      大阪銀行(明治26年-大正13年破産)
      堺銀行(明治25年-明治44年任意解散)
      富田林銀行(明治29年→昭和9年買収)
      有魚銀行(明治15年-明治34年→且O十四銀行合併)

   ・大阪鉄道株式会社
     田部密社長他 16名
   ・高野鉄道
   ・浪速鉄道
   ・南海鉄道
   ・新聞社 6社9名
   ・株式取引所、仲買人 9名 
   ・其の他
     柏原製油合資会社
     河内紡績株式会社
     河内煉化株式会社
   ・特別招待者 31名
     青谷、日置、鉄道運輸会社他

起工式招待者名 (大13-1)
株主 136名 
         
 株主 136名      明治30年
3月31日
現在の株数 
 1 柴 虎次郎 堺市
堺株式米穀取引所仲買人
※明治期一私有鉄道会社の命運
武地京三 より
 
  352
池田恒太 大阪市
南海、阪堺鉄道の合併協議委員(藤田組?)
※南海電鉄発達史
  200
紀谷増次郎 堺市   182
阪上新治郎 大阪市 有魚銀行 魚問屋   190
山内直次郎 大阪市 中河内鉄道発起人   135
本所又壽郎 古市郡西浦村  地主 重役  110
高幣宇一 堺市    10 
入江伊助 大阪市 藤田組   105
松永森太郎 志紀郡道明寺村長 70
10  杉山知三郎 河内 造酒屋?   100 
11  本下直次 河内   50 
12  久保田真吾 河内 村長
後 八尾銀行頭取
  100 
13  田守三郎平 河内 富田林銀行取締役 重役 100
14  泉 清助 大阪市 
日本生命保険会社取締役
重役 100
15  越井醇三 河内 材木商 地主   100
16  糸若 緑 河内   60 
17  檀野藤吾 河内 府会議員   100
18  阿部彦太郎 大阪市 近江商人 
内外綿株式会社社長
重役 100
 19 岡橋治助 大阪市 
第三十四銀行 頭取
  100
20  大塚和三郎 堺市 
金露酒造株式会社社長
  100 
21  山下秀実 大阪市 帝国製糖社長?   90
22  石田宇兵衛 大阪市 大阪商人   40 
23  越井彌太郎  大阪市 米仲買?   90
24  高井幸三 摂津 
(株)起業銀行取締役
  50
25  弘世助三郎 近江 大阪鉄道取締役
日本生命保険会社創業者
  90
26  西田松三郎 大阪市 印刷業?   90
27  石上喜久松 摂津   70
28  伊藤九兵衛 大阪市 摂津紡績取締役   55
29  今西彦三郎 大阪市    80
30  山澤保太郎 河内  
大阪電気軌道監査役
  80
31  太田平治 河内 堺銀行頭取 重役  60
32  矢野佐太郎 河内   70
33  仲村一郎  河内  戸長   70 
34  杉田良蔵 河内  南河内郡会副議長   60 
35  藤本清七 大阪市 堺銀行取締役  
36 奥谷貞三 河内   40
37 菅野元吉 大阪市 大阪鉄道支配人 重役  60 
38 村上嘉兵衛 大阪市 第三十四銀行   20
39 日高ヤス 大阪市   60 
40 川村平助 大阪市   30
41 山田市良兵衛 大阪市   55 
42 吉村杢三郎 河内 堺銀行監査役   50 
43 石田庄兵衛 大阪市 大阪銀行
 参宮鉄道?
  50
44 佐藤武次郎 河内   40
45 岡崎栄次郎 大阪市 
文芸株式(稲荷座)?
  10 
46 森田米造 河内   50 
47 亀井二齋九郎 伊勢 商人   50
48 下田源平 大阪市 松本商店支配人   40
49 小野三郎右衛門 大阪市   50
50 宮本新三郎 大阪市   50 
51 山ノ井清次郎 相模   50 
52 橋本尚四郎 摂津   40
53 辻 米造 河内   40 
54 山上八郎 河内   40
55 竹田忠作 大阪市 大阪鉄道取締役   40
56 石田紋次郎 河内   10 
57 大塚重彦 大和   40
58 竹綱熊次郎 河内   40 
59 久次米定助 大阪市   40 
60 小山玄松 河内  府会議員
後の河南鉄道社長
  30 
61 松本勝三郎 河内   10
62 村上伊助 大阪市   20
63 武田源兵衛 大阪市 市会議員   30 
64 竹原友三郎 大阪市 
竹原証券株式会社社長
  10
65 奥谷伊平治 河内   30
66 小川光三郎 大阪市   30
67 八木熊蔵  
68 大浦彌三兵衛 大阪市   30 
69 高橋薫 河内 大阪府会議員   25 
70 渡邉庄助 大阪市 第三十四銀行   20
71  馬場三右衛門 摂津   20
72  谷澤治良平 大阪市   15
73  永井仙助  第三十四銀行  
74  田中浩 大阪市   20 
75 中山久吉    
76  仲村庄之助 大阪市   20
77  河合五良兵衛 大阪市    20 
78  三橋音次郎 奈良 三橋花月堂   20 
79  山田八右衛門 大阪市    10
80  松田典久 鳥取    20 
81  田村観介 名古屋 
土木請負業田村組
  20 
82  水無瀬安次郎 大阪市   10
83  渡邉秀次郎  京都市 委託技術 20
84   平山富三郎    
85  坂本喜兵衛 大阪市 10
86   岡島九一郎 大阪市   5
87  小島国松    
88       
89  稲田 穣 佐賀 台湾・花蓮港庁長   10
90  平田善八 摂津    10 
91 榎本義路 大阪市 著書あり   10
92  岡本政治郎     
93  伏崎浅造 大阪市   10
94  高橋康太郎    
95  山岡利兵    
96 犬石嘉吉 丹波  書籍商   10
97  田中辰造 大阪市   25 
98  泉谷九三郎 堺市   10
99  森永幸次郎 大阪市   10
100  岡島千代蔵 大阪市 毛斯綸商   10
101  河村要助 大阪市   10
102  野田正数    
103  高島才次郎 大阪市   10
104  白井貫造 伊賀    10
105  森本小兵衛 大阪市   10
106  松田清太郎 大阪市    10
107  水谷六郎 大阪市 
三菱合資会社神戸造船所
  10 
108  河合新造 大阪市   10 
109  吉田 八      
110  小山田邦次郎 大阪市   10 
111  阪井太三郎 河内   10 
112  姫路 兵     
113   村 右    
114  芝池経太郎 河内 松原村村長   10 
115  原田フヂ 大阪市   10
116  白井清助 大阪市   10
117 牧野真助 大阪市 米商(下大和橋)   10
118  下倉仲 大阪市   
119  森山喜八郎 大阪市   
120  西島庄吉 大阪市  
121  吉・通之    
122  植田重太郎 大阪市  
第4回衆議院選挙出馬
 
123  杉浦喜三次郎 河内   
124  桝田興三五郎 河内   10 
125  平井平兵衛 大阪市   
126  井上周造 大阪市  
127  島村・之助    
128 山田亀松 大阪市  
129  奥田清三郎 河内   
130   丹羽舒吉 大阪市  
131   寺村六良平 大阪市  
132    吉  兵    
133  八田・義    
134 長崎ミヨ 大阪市   5
135 藤田徳次郎 大阪市 藤田組副社長   10
136 川端三良平 大阪市   20
株主招待者 合計136名    

 出水彌太郎は株主だが名前は入っていない。
 明治29年12月5日起工式時の持株数は不明なので
 明治30年3月31日、現在の持株数を右表に記載した。
 株数が入っていないのは明治30年には株を手放したようです。


  


  
 明治29年
1896 
 
12月 6日
大和川橋脚受負契約 甲乙丙ノ三種受負契約を
大阪衝器合資会社と締結
 史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治29年
1896 
 
12月13日
「スプリング」外三品受負契約を
三井物産合資会社大阪支店と締結
 史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治29年
1896 
 
12月22日
車輪車軸「バッファ−」受負契約を

 史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治29年
1896 
 
12月28日
線路延長願に付追願を逓信大臣に差出したり  
史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治29年
1896 
 
12月28日
土管三種売買契約を
浅野久治郎を締結
 史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治30年
1897 
 
1月11日
土管四種売買契約を
木口庄三郎及を常滑商会伊藤重平と締結
史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治30年
1897 
 
1月19日
線路敷設に付線路踏査ニ義大阪府へ出願し
1月26日に聞届けられたり
史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治30年
1897 
 
1月20日
大和川橋桁受負契約を
神戸居留地88番日支テレヂング商会と締結
史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治30年
1897 
 
1月22日
本社株式定期売買ノ義 大阪堺両株式取引所
に請求したり
史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治30年
1897 
 
2月 9日
陸橋架設踏切道設置道路付換願
奈良街道及東高野街道陸橋架設、長尾街道外5ヶ所県道踏切設置
錦郡村地内東高野街道付換を大阪府に出願
史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治30年
1897 
 
2月 9日
第3回株金振込 1株に付 金7円50銭づつ来る
3月15日限撤収の旨書く株主に通知し新聞紙に広告

史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治30年
1897 
 
2月10日
軌條及附属品受負契約
三井物産合名会社大阪支店と締結
史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治30年
1897 
 
2月16日
第2回株金振込登記
大阪区裁判所へ請求
史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治30年
1897 
 
2月26日
鉄道用品運搬受負契約
日本鉄道用品運搬受負契約を鉄道運輸組と締結
史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治30年
1897 
 
2月24日
機関車及附属品受負契約
合名会社大倉組大阪支店外国掛と締結
史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治30年
1897 
 
3月 3日
工程報告
鉄道局に進達したり
史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治30年
1897 
 
3月 3日
株式定期売買認可
大阪堺両株式取引所より通知を得たり
史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治30年
1897 
 
3月15日
道路溝梁付換に付土地収用法適用願を大阪府に差出したり
史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治30年
1897 
 
3月15日
神社移転願
南河内郡柏原村地内春日神社移転願を大阪府に差出したり
史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治30年
1897 
 
3月19日
株式定期売買開始申込
来る4月1日より開始せをれたき旨大阪堺両株式取引所に申込たり
史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治30年
1897 
 
3月19日
煉化受負契約
煉化石受負契約を河内煉化株式会社と締結したり
史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治30年
1897 
 
3月20日
車輌受負契約
東京月島井上工場と締結
史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治30年
1897 
 
3月24日
橋脚仕上及クロスガ−ダ−受負契約
岡崎鉄工所と締結したり
史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治30年
1897 
 
3月26日
道路溝梁付換願
大阪府に差出したり
史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治30年
1897 
 
3月29日
堤防使用及堤防上の立木払下願
大和川堤防上の立木払下願いを大阪府に差出したる
史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治30年
1897 
 
3月31日
第3回株金振込事項届出
鉄道局に届出
史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
  
 明治29年
1896 
 
10月31日
 史料 河陽鉄道− 営業報告第三回
     
     
     
     
     
     
     
     
     
 
 明治30年
1897年
 
4月16日

 史料 河陽鉄道−
 河陽鉄道株式会社 指令書 土地収用法

  ■史料 河陽鉄道−
  河陽鉄道株式会社 指令書 土地収用法
  「国立公文書館 6900-216」
 
 
 
  明治30年 4月16日
 
 明治30年
1897年
 
4月16日

 史料 河陽鉄道−
 河陽鉄道株式会社 土地収用広告案

  ■史料 河陽鉄道−
  河陽鉄道株式会社 土地収用広告案
  「国立公文書館 6900-2」
 
 
 
  明治30年 4月16日
 
 明治30年
1897年
 
7月 6日

 史料 河内鉄道
 河内鉄道 假免状下付

  ■史料 河陽鉄道−
  河内鉄道 假免状下付
  「国立公文書館 」
 
 
 
  明治30年 7月 6日
  
 明治31年
1898年
 
12月 9日
 
 史料 河陽鉄道−
 河陽鉄道株式会社、大阪鉄道株式会社 営業上契約書

  ■史料 河陽鉄道−
  河陽鉄道、大阪鉄道 営業上契約書
  「大」
 

 計20枚
  大阪鉄道株式会社社長 田部密 と 河陽鉄道株式会社社長 出水彌太郎との
  契約書(捺印なし)

 
 明治32年
1899年
 
3月28日

 史料 河陽鉄道−
 河陽鉄道株式会社 工事竣功期限延長の件

  ■史料 河陽鉄道−
  河陽鉄道株式会社 工事竣功期限延長ノ件
  「国立公文書館 8600-442」
 
 
 
  明治32年 3月28日
 
 明治32年
1899年
 
5月22日

 史料 河陽鉄道−
 河陽鉄道株式会社解散ノ件
  明治32年5月10日任意解散

  ■史料 河陽鉄道−
  河陽鉄道株式会社解散ノ件
  「国立公文書館 8600-0586」
 
 
 明治32年5月10日任意解散

  明治32年 5月22日
     
     
     
     
 明治30年
1897年
   
 明治31年
1898年
3月15日
8月10日
 出水彌太郎 第5回 衆議院議員選挙 当選
 出水彌太郎 第6回 衆議院議員選挙 当選
 明治32年
1899年
   
     


       
 明治29年下期 財産目録   
負債総高 30万6964円56銭3厘    
資本金 30万円     
受負人身元保証金 3825円     
雑収入 3139円56銭3厘    
資産総高 30万6964円56銭3厘    
振込未済資本金 18万3727円50銭 18万3727円50銭  
建設費 6万767円73銭5厘 6万767円73銭5厘  
受負人身元保証
有価証券
3085円   3085円  
仮出金 3万8696円85銭4厘 3万8696円85銭4厘  
当座預金 1万9140円36銭6厘   1万9140円36銭6厘   
創業費 1265円59銭4厘    
現金 281円55銭4厘   281円55銭4厘  

明治29年12月5日 起工式費用集計表      
明治29年 入金  項   目 出  金  項   目  
11月6日 20円  岡村より運動費用      
12月6日 60円 岡村より起工式費用      
12月6日     15銭  菰田喜久松 壱間丸太3本代   
      30銭 山脇勘三郎 縄三束代  
      1円40銭 山田林造 人員4人代   
      1円10銭 寺田友造 人員3人代   
      90銭  榎本吉造 人員3人代  
      1円 米田友吉 人員3人代  
      1円 小林長四朗 竹代   
12月7日     15円98銭  菰田喜久松 弁当代其の他  
      7円81銭 瀬川亀次郎 酒代  
      2円60銭 岡田万造 餅米代  
      6円32銭 藤井清助 餅米代   
      5円84銭8厘 小西寅治郎 餅米代   
      1円40銭 野口伊之吉  人員4人  
      1円5銭 野口徳松 人員3人  
      15銭 上田ユキ 人員1人  
      15銭 野中ヌイ 人員1人  
      15線 野口ウタ 人員1人  
      35銭 野口良造 人員1人   
      1円5銭 野口定吉 人員3人   
      1円75銭 野口定七 人員5人   
      1円40銭  松永秋三 人員4人   
      1円5銭  上田力松 人員3人   
12月8日 200円  岡村より起工式費用       
12月9日     17円54銭3厘  清水谷造へ相撲費  
      100円 小池伊之七   
      5円 小池伊之七 仲居料   
      75円 林ヤス    
12月10日     5円 林ヤス 仲居料   
      1円 竹中へ割木40貫代   
12月23日 70円  岡村より起工式費用      
12月24日     1円50銭 杉本利平  起工式借地他  
      50銭 三根隆證 生花料   
      30銭 道明寺小使古川音吉起工式の小使料   
      1円 梅ノ家 席料   
      23円50銭 土師神社社務所へ本社起工式祭曲費用
南坊城へ渡す 
 
      2円40銭 田坪善代造 風呂敷代   
      30銭 古市役場 椅子借入 謝礼  
      30銭 柏原役場 椅子借入 謝礼   
      50銭 柏原青池樋組 椅子借入 謝礼  
12月26日     1円20銭  箕吉松へ 4帖損害金   
           
 合計 350円   287円95銭1厘  差引残 62円4銭9厘 過  
           


明治29年12月分    
12月7日  62円4銭9厘  起工式費用差引過金入     
12月7日     5銭  柏原小山玄松にて領収証印紙買受求 
12月23日     3円30銭1厘 道明寺役場にて懇親会費用 古沢安吉渡
12月24日     20銭 柏原小山玄松にて領収証印紙買入渡
12月25日     9円19銭  古市扇屋 (吉村二三)古市村古市碓井買収済に付 酒飯代
12月(10月)30日     14円41銭 柏原絹吉 柏原村道明寺村誉田設計中 酒飯代
12月26日     11円7銭 柏原絹吉 道明寺設計中鉄橋問題柏原買収打合 酒飯代
12月26日      7円74銭 柏原絹吉  同村設計中 酒飯代
12月26日     15銭 野口善次郎 西浦行 人員賃
12月26日      25銭 野口定吉 平尾行 人員賃
12月27日  100円 岡村より諸払ノ内受取    
12月28日 3000円 岡村より用地買収代金ノ内受取    
12月28日     3000円  富田林銀行柏原 預 
12月28日 50円 柏原銀行より受取     
12月30日 2900円  柏原銀行より受取     
12月30日     1077円16銭  東坂田村買収代金 
12月30日     2円  柏原小山玄松にて領収証印紙買受求
12月31日     20円 春日文二へ旅費
12月31日     3円52銭  柏原絹吉 岡村氏道明寺村長森太郎氏に運動費用
12月31日      4円80銭 東阪田 桑買収費用 
12月31日     1800円  富田林銀行柏原預
12月28日     11円 道明寺役場へ文量立会費
 合計 6112円4銭9厘    6064円84銭1厘 差引残 47円20銭8厘 過
         


岡村亨殿より受取タル金  (市12-3)  
 明治29年      
11月6日 20円   設計運動費用  
12月6日 60円 起工式費用  
 12月8日 200円  起工式費用   
12月23日  70円  起工式費用   
12月27日  100円  起工式費用   
12月28日  3000円  鉄道用地買収金   
1月15日 5000円  鉄道用地買収金 清水太一郎殿より受取 
1月26日 3000円   鉄道用地買収金 陶守氏より受取 
 合計 1万1450円     
4月〜6月  1円50銭 春日文二 3ヶ月分積立金   
4月〜9月 6円 松永長三郎 6ヶ月分積立金  
       
 表−3 河陽鉄道株式会社役員一覧表
 役職名  氏  名    
社長
専務取締役 
 出水 彌太郎  地 主  
 取締役  泉  清助 日本生命保険会社 取締役   
 取締役  太田 平治  堺銀行 頭取  
 取締役  本所 又壽郎 地 主   
 取締役  菅野 元吉 大阪鉄道株式会社 支配人  
 監査役  岡橋 治助 第三十四銀行 頭取   
 監査役  阿部 彦太郎 近江商人 内外綿株式会社社長   
 監査役  田守 三郎平  富田林銀行専務取締役  


    明治29年 明治29年
12月5日 
     明治31年7月
 (A-003) 
     
社長  出水彌太郎                 
本社社員 杉田洋一       出張所→   総務課長 松永長三郎  25円     
本社社員 阪田弁之助       出張所→  書記 用木床太郎 12円    
本社社員 清水太一郎          書記  小宮山亨 10円    
本社社員  弥代・・・         奥野貞一 9円    
技術課 湯川為太郎           田積英吉 8円    
技術課 船川鑛太郎         安尾末造 8円    
技術課 渡邉 熊       給仕→  給仕  奥野憲治 16銭    
技術課 桜井文次郎          仲仕  上野市松 26銭    
技術課 坂口九次郎          仲仕  松村浅次郎 26銭    
技術課 山口正・         営業課長 大井貞平 30円    
技術課  永・・太郎         技士 郡嘉平 18円    
工夫  大串忠・          書記  大島兵五郎 12円    
工夫 杉本・次郎          技士  西重五郎 12円    
工夫 樫本・吉         書記  上田子三助 10円    
工夫 麻・定造       書記補  村上致由 7円     
工夫 中・助七         小使 森口苗吉 22銭    
工夫  藤本弁吉         道明寺駅
駅長心得
芝野巴三郎 8円    
大工  ・田・吉         道明寺駅
駅夫
久保鉦太郎 23銭    
給 仕 奥野憲次
憲治?
    →給仕   古市駅
駅長
半田経太郎 10円    
小 使  浦・・・・・         古市駅
駅夫
清水定次郎 24銭    
出張所 岡村 亨         古市駅
駅夫
山下清重 23銭    
出張所 松永長三郎     →総務課長    富田林駅
駅長
三隅梅介 10円    
出張所 江浦 実         富田林駅
助役
中内千賀良 8円    
出張所 芝原・・         車掌 勢義恒次郎 27銭    
出張所  ・・・文二         車掌 古山末吉 25銭    
出張所  陶守る・・・         世話役 森川勝次郎 25銭    
出張所 用木床太郎      →書記   指示方  堀末治郎 25銭    
 ・・付  ・内・太郎         駅夫  北田伊三郎 23銭    
 小 使  ・・・・         駅夫 中野啓告 23銭    
   安尾末造
米造?
        駅夫  冨田熊造 23銭    
   ・・・一         大工 金田浅吉 45銭    
   ・・・秀一         線路工夫 奥野久兵工 45銭    
   谷口 ・・太郎         線路工夫 堤八十七 37銭    
   中井貝之         線路工夫 瀬川浅吉 30銭    
            線路工夫 巽桝吉 30銭    
            線路工夫 三木勝造 30銭    
            線路工夫 名田久吉 28銭    
            線路工夫 松本儀三郎 23銭    
            運輸方 木谷賢造 55銭     
            運輸方 平田芳太郎 55銭    
            大夫 山崎松太郎 36銭    
            大夫 松本由松 36銭    
            検査番 柴田武三郎 32銭    
            給水夫 藤井兵蔵 26銭    
            給水夫 野口定吉 25銭    
            給水夫 濱野○之助 25銭    
            給水夫 田中為七 25銭    
            掃除番 三島末吉 26銭    
            掃除番 野中徳松 25銭    
            踏切番  瀬川ワサ 8銭    
            踏切番 巽タミ 8銭    
              井上順次 25銭    
              松下徳三郎 23銭    
              伊東国義 23銭    
              平井熊吉 25銭    
              清水太一郎 20円    
              倉○○○ 15円    
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     



社長、社員
   社   長  出水彌太郎
   本社社員  杉田洋一
   本社社員  阪田弁之助
   本社社員  清水太一郎
   本社社員  弥代・・・
   技術課    湯川為太郎
   技術課    船川鑛太郎
   技術課    渡邉 熊
   技術課    桜井文次郎
   技術課    坂口九次郎
   技術課    山口正・
   技術課    永・・太郎
   工 夫     大串忠・
   工 夫     杉本・次郎
   工 夫     樫本・吉
   工 夫     麻・定造
   工 夫     中・助七
   工 夫     藤本弁吉
   大 工     ・田・吉
   給 仕     奥野憲次
   小 使     浦・・・・・
   出張所    岡村 亨
   出張所    松永長三郎
   出張所    江浦 実
   出張所    芝原・・
   出張所    ・・・文二
   出張所    陶守る・・・
   出張所    用木 太郎
   ・・付     ・内・太郎
   小 使     。。。。
   ・・・付     −−−−−
   ・・・付    安尾末造
   ・・・付    ・・・一
   ・・・付    ・・・秀一
   ・・・付    谷口 ・・太郎
   ・・・付    中井貝之

 
 役員広告 毎日新聞 明治29年2月13日付広告
 ※明治28年11月7日役員決定


毎日新聞
明治29年3月2日付


大阪毎日新聞M29.4.16





  渡辺秀次郎  工学士 主任技術員 住所-京都市
  (関西鉄道 四日市−関間、大阪鉄道主任技術士、勢和鉄道主任技術士)
   明治24年3月 大阪鉄道技術部長
   明治29年5月 大阪鉄道辞任
   起工式では、委託技術 となっている
       明治28年10月    
 渡辺秀次郎 大阪鉄道  河陽鉄道主任技術員  假免状後計画    
 湯川為太郎 大阪鉄道        
           


 レ−ルについて
 河陽鉄道
  軌條及附属品受負契約
   明治30年2月10日 三井物産合名会社大阪支店と締結(河陽鉄道株式会社第三回報告)

    ■史料 河陽鉄道−28 河陽鉄道株式会社工事方法書 によると
    1碼−30ポンド(1ヤ−ド − 30ポンド)の軌条と書かれているが
    実際使ったかどうかは確認できていない。
    
  大鉄全史によるとレ−ルの種類が書かれており
   軌條重量 柏原−長野間 20瓩(20kg)
          道明寺−阿部野橋間 30瓩(30kg)
          古市−久米寺間 本線37瓩(37kg) 側線30瓩(30kg)

  河南鉄道株式会社工事方法書には 大鉄全史同様 20kg(40ポンド)レ−ルと記載
  されているので合致する。

   大正12年 道明寺−長野間 40ポンドから60ポンドへ変更 (大7-20)

   下記の写真は、明治42年頃の河南鉄道 柏原駅構内の軌條の物です。
   レ−ル頭が丸いのが確認できるが寸法までは不明

   



  昭和2.3年(第57.58.59回) 矢田、阿倍野橋間 100ポンド軌條に交換
  昭和3.4年(第59.60回) 矢田、天美車庫前間 100ポンド軌條に交換
  昭和4年(第61回) 藤井寺、高鷲間 75ポンド軌條に交換
  昭和4.5年(第61.62回) 藤井寺、恵我之荘間 75ポンド軌條に交換

   1ポンド=0.4536KG

 レール  1碼−30ポンド  (914mm−13.6kg)=(1M=14.9kg)
       現在の15KGレール 79.4×79.4

 河南鉄道
 レ−ル  1碼−40ポンド  (914mm−18.14kg)=(1M=19.85kg)
       ※現在の22kgレ−ル 93.7×93.7


 枕木
  明治29年10月31日 日本貿易株式会社神戸支店と締結(河陽鉄道株式会社第三回報告)

 煉石受負締結
  明治30年3月19日 河内煉化株式会社と締結
  

 橋梁
  
 転車台 
  富田林に設置
  大正14年(第53回) 天美車庫構内に側線を増設し電車線路延長工事を施し転車台1ケ所を新設


 出水彌太郎は品川弥二郎の弟分(乾分)参)大阪毎日新聞 1926.1.10


品川弥二郎 別称に橋本八郎、松本清熊
1843年11月20日−明治33年2月26日
1857年 長州 萩 松下村塾入門
1870年 渡欧 ドイツ、イギリス留学
1891年(明治24年) 内務大臣
日本の農業振興に携わり、明治14年(1881)には農商務大輔(次官)となった。
農事試験所 1893年(明治26年) 柏原



伊藤博文
1841年9月2日-1909年10月26日
 長州 萩 松下村塾入門
1863年 井上勝他とイギリス留学
 初 代 内閣総理大臣 1885年(明治18年)12月22日−1888年(明治21年) 4月30日
第 5代 内閣総理大臣 1892年(明治25年) 8月 8日−1896年(明治29年) 8月31日
第 7代 内閣総理大臣 1898年(明治31年) 1月12日−1898年(明治31年) 6月30日
第10代 内閣総理大臣 1900年(明治33年)10月19日−1901年(明治34年) 5月10日


井上勝
1843年8月25日−1910年8月2日
 長州 萩 出身
1863年−1868年 伊藤博文他とロンドン留学 鉄道技術を学ぶ
鉄道庁長官 1893年(明治26年)退官
1896年(明治29年)汽車製造合資会社設立

吉田松陰
(1852年)佐渡屋徳兵衛家(仲村家)

明治時代の南河内の写真が掲載されている物 
 喜志村 明治四十一年特別大演習紀念写真帖 国立国会図書館



  大和川橋梁(現・道明寺線)
   
  河陽鉄道株式会社 建設路線で起点の柏原から富田林までで最大の工事が
  奈良と大阪を流れる川幅約200Mの大和川を渡る橋梁工事で明治31年に竣功しました。
 
 明治時代に撮影された大和川橋梁です。
 橋脚は、鋳鉄管柱を使用されていますが後にコンクリ−トで補強されました。
 道明寺方下流側より撮られている。 
 後方に写ってる木製の柱は東高野街道「新大和橋」です。

 
 河南鉄道株式会社創立願書に添付されている線路平面図に
 記載されている大和川橋梁です。
 「径間六拾呎鉄桁拾壱張」
 径間60フィート 鉄桁 11張 と書かれています。
 ※河陽鉄道株式会社創立願書の線路平面図には、詳細記載無し。
 (国立公文書館蔵) 


  大和川橋梁は、河陽鉄道建設の為にイギリスから輸入された鋼桁です。
  両側の橋台は、煉瓦と石材を使用し造られ橋脚は、鋳鉄管製の物を
  国内で製造され建設されました。
  橋梁の概要は、下記の表−Aをご覧下さい。
  
 表−A
 ・桁(11連)
 項 目  寸法(フィート)  (メ-トル換算)   備 考
 全径間  710フィート  216M408mm   橋台と橋台の距離
 一連の径間  60フィート   18M288mm 
 一連の桁長 65フィート   19M812mm   
 桁 高      
 斜角度 左70度      柏原起点 

 ・橋台(A1.A2)
 項 目  材 質  寸 法  備 考
 起点側-A1 煉瓦+石材 未測量  ほぼ建設時のまま
 終点側-A2 煉瓦+石材  未測量   ほぼ建設時のまま

 ・橋脚(P1−P10)
 項 目  寸法(フィート)  (メ-トル換算)   備 考
柱 間 8フィート  2438mm   一橋脚左右の間隔
柱 径 1フィート1/2  487mm   推測(図面には500mm)
鋳鉄管長 8フィ−ト  2438mm   鋳鉄一本の長さ(推測)
 鋳鉄管数 8フィート×4本  9753mm   図面より推測
桁下寸法    6M   写真より推測

 建設場所について
   橋梁位置は河陽鉄道の起点、柏原駅と道明寺駅の関係から現在位置に制限されたようです。
  起点の大阪鉄道(現JR)柏原駅から奈良方南側に河陽鉄道の駅を接続しなければ
  土地の取得から考慮し柏原村の村外れ側で大阪市内乗入れに機関車運転上便利である為に
  柏原駅奈良方南側に河陽鉄道のホ−ムが設置が一番よかったのでしょう。
 
  また南側のほうが建設距離、家屋の移転、土地の取得も少なくてすみ
  しかも奈良方には直ぐに長瀬川があり水利組合との権利の問題もでてくるので
  長瀬川手前で大和川方面へとカーブしながら軌道建設ラインが自然と決まる。
  対岸の道明寺村舟橋方については、新大和橋が架かっており袂には舟橋村集落があり
  集落の端と新大和橋の間に軌道ラインを引く事で家屋の移転も少なくてすむ。
  そこから道明寺駅予定地まで石川沿いを通す事になったのでしょうね。

  河川に対して斜めの橋梁と橋脚
  橋梁は河川に対して直角で架設されている事が多いが
  両端の軌道ラインの関係で大和川橋梁は、河川に対して斜めに架設され
  桁も斜め70度に設計製作、橋脚は珍しい鋳鉄管柱を使用する事になった。

  鋳鉄橋脚について
  この当時、鉄道橋の橋脚は、煉瓦か石材を使用しており鉄の円柱が使用されるのは
  珍しいかったようです。
  参考史料として
   「土木史研究 第15号 1995年6月 明治時代における鉄道橋梁下部工 序説」
   信州大学 小西純一著
  を読むと 明治7年(1874年)に我が国最初の鉄道用鉄橋(下十三、下神埼、武庫川)の3橋梁に
  錬鉄製のスクリュ−パイルが使用。
  鋳鉄管柱使用は、東海道本線六郷川橋梁に大正2年まで使用されたらしいです。
  長良川橋梁にも明治20年に鋳鉄柱を使用され建設されたが1891年に起こった濃尾地震で
  ほとんど全部地盤面付近で折損し、これ以後官設鉄道では鋳鉄柱橋脚は、ほとんど採用されていないらしいです。

  現存する鉄道橋梁で鉄管柱は、ほとんどなく
  大阪では 3橋梁のみのようです。
  ・南海高野線 大和川橋梁(明治33年開通)
  ・南海高野線 下十三間川橋梁(明治33年開通)
  ・阪堺線    大和川橋梁(明治44年開通)
  架換撤去されたが 南海本線 大和川橋梁(明治30年架設)
  いづれも鋳鉄ではなく錬鉄板リベット止め
  関東では、このタイプの鉄管柱は未確認です。

  ・鋳鉄管柱が使用したか?
   明治24年(1891年)の濃尾地震以後官設鉄道では、ほぼ使用されていない
   とされる鋳鉄製を使用したのかが謎です。
   明治28年(1895年)11月22日に工事方法書を図面共に提出していますが
   国は図面等の確認もしているはずなのに鋳柱の許可を出したのは?不思議です?
   河陽鉄道が図面に材質を鉄管と記載していた可能性が高いかも。

   ・担当技士の技術力不足か?
    河陽鉄道の建設工事の技士は、渡辺秀次郎である。
    この技士の技術力が未熟であったのか???
    しかし渡辺技士の経歴は明治24年3月に大阪鉄道技術部長をしており
    技術的には経験もあるように思う。
   
   ・一般的な煉瓦、石材の橋脚にしない理由は?
    3月24日に道明寺天満宮の菜種祭という大きな祭があり集客、収入の面で 
    どうしても3月24日までに開業させないと収入に大きな差が出る。
    明治29年12月の起工式から明治31年3月に竣功させるには工期は1年3カ月
    しかなく 工期短縮のために煉瓦や石材を積み上げる橋脚より基礎に
    鉄管柱を建てる工法のほうが早いので鉄管を採用したのか??

   ・阪堺鉄道 大和川橋梁(南海本線)が影響??
    同時代に阪堺鉄道(現南海本線)が改軌の為に架換が行われた。
    南海鉄道発達史によると鉄柱としか記載されておらず写真から判断すると
    錬鉄管のように思える。
    阪堺鉄道大和川橋梁にも影響されたこもしれない。

    このような理由が推測できるが一番の理由は工期短縮かもしれない。

  鉄柱橋脚形状および寸法について
   表−Aにまとめた。
  橋脚は、10基(P1-P10)であり






  
 
  
  

 
  


  



  



  
   ・
   渡辺秀次郎  工学士 主任技術員 
  (関西鉄道 四日市−関間、大阪鉄道主任技術士、勢和鉄道主任技術士)
   明治24年3月 大阪鉄道技術部長
   明治29年5月 大阪鉄道辞任
   起工式では、委託技術 となっている

  明治29年12月 1日 大阪府へ架設出願
                (明治30年4月1日認可)
  明治29年12月 3日 橋脚丁戊ノ二種請負契約 岡崎鉄工所
  明治29年12月 6日 橋脚甲乙丙ノ三種請負契約 大阪衝器合資会社
  明治30年 1月20日 橋桁請負契約 神戸居留地八十八番 日支テレヂング商会
  明治30年 3月19日 煉化石請負契約 河内煉化株式会社
  明治30年 3月24日 橋脚仕上及びクロスガ−ダ−請負契約 岡崎鉄工所

  明治30年 4月 1日 柏原出張所に技術課全て移動
  明治30年 4月15日より着手
  明治30年10月    北橋台は、全て竣功
                南橋台は、半成工
                橋脚工事は七歩通り竣功
  明治30年12月 4日 橋脚10組の内4組は完成
  明治30年12月13日 大阪府へ柏原駅拡張工事出願
  明治31年 3月 6日 全部竣功
  明治31年 3月 8日 大阪府へ監査出願(大阪朝日新聞)
  明治31年 3月21日 正午より工藤逓信技士が柏原-古市間の線路監査

  昭和12年 1月13日 大和川橋梁工事方法変更申請
  昭和12年 4月26日 大和川橋梁工事方法変更認可(逓信大臣)
  昭和14年 1月31日 大和川橋梁橋脚補強工事申請



柏原駅から南に延びるラインで石川沿いに道明寺を通るラインが
  一番土地取得に
 明治29年12月1日に大阪府に架設出願を行った。

明治31年2月19日 読売新聞
◎河陽鉄道
同鉄道工事も着々進歩し大和川鉄橋架設工事一部分と同川南岸築堤六千坪程






(東武鉄道 越生線)毛呂川橋梁にコクレ−ン製の高野鉄道の鋼桁が使用されている。

高野鉄道開業 明治31年(1898年)
明治31年 1月30日 大小路−狭山間 開業
明治31年 4月 2日 狭山−長野間 開業
明治33年 9月 3日 道頓堀−大小路間 開業
大正 3年10月21日 長野−三日市間開業

白鷺駅長野方約100Mに溝橋あり
白鷺駅−初芝駅間 中間より少し初芝駅より溝橋あり
この溝橋より約100M先にも溝橋あり
初芝駅手前に架道橋あり
初芝駅長野方約100-200Mに溝橋2箇所あり
萩原天神駅長野方に溝橋あり200M先にも溝橋あり
萩原天神駅−北野田館に橋梁あり




  鉄製杭基礎とスクリュ−パオルに関する歴史的調査 五十畑弘


  吉野鉄道


 釜石鉄道(工学会誌
 軌條 壱碼ノ重サ後十ニ磅ニテ平底高サ四吋底三吋四分ノ三ノ鍜鉄性ナリ
 橋梁は 第一から第十七まで
 坂堺鉄道
 橋梁 
  第一細江川 10月28日起工 11月28日竣功
  第二十三間川 11月7日起工 11月30日竣功
  第三手洗川 11月5日起工 12月15日竣功
 陸橋
  第一難波 8月15日起工 10月19日竣功
  第二今宮 9月18日起工 11月1日竣功
  第三住吉 9月19日起工 11月14日竣功


  明治35年上期 鯰江川橋梁 木桁うを鉄桁に架け替え
            城東線 三箇所 鉄桁架け替え
            桜井線 44箇所 鉄桁架け替え 


河南鉄道メモ
本社の起源は、明治29年3月31日の設立に係る元河陽鉄道株式会社


学校前停留所
 6M34C0Lより6M33C40Lに移動 T9年9月
細谷川橋梁
 12呎
東高野街道第一
 38呎
東高野街道第二
 15呎
奈良街道陸橋
径間30呎 本桁を補強しストンガ−タ架設
船橋
 錬鉄槽状桁 径間12呎6吋 T9年11月
 径間12呎6吋 T13年6月 架け換え 橋台改築
井関川橋梁
 第一径間 10呎 桁架け替え T13年
 第二径間 15呎 桁架け替え T13年
 第三径間 30呎 桁補強    T13年
 橋脚一部改築           T13年
 第三径間 9M15 桁架け替え S11年
青野池橋梁
 12呎 桁架け替え T13年
橋梁一覧表
  柏原線(柏原−長野) 大正13年 大阪鉄道時の橋梁位置
柏原停車場(0M0C0L)
第 1号溝橋 径間6呎 I形桁
第 2号溝橋 径間5呎9吋 I形桁
明治36年4月20日〜25日 袖石垣修繕 (花田市松)
柏原南口停留場(0M30C00L)
奈良街道陸橋 径間30呎 斜角左70度 鋼板桁
明治36年4月27、28、30日 石垣修繕 (花田市松)
大和川橋梁 径間60呎 斜角左79度 鋼板桁11連
船橋陸橋 径間12呎6吋 I形桁
道明寺停車場(1M27C50L=2.162KM56))
第 3号溝橋 径間6呎2連 斜角右50度 I形桁
第 4号溝橋 径間6呎 斜角右84度 I形桁
第 5号溝橋 径間5呎9吋 I形桁
第 6号溝橋 径間9呎2連 斜角左65度 I形桁
第 7号溝橋 径間5呎 斜角右85度 I形桁
第 8号溝橋 径間6呎9吋  斜角左38度 I形桁
玉水井路橋梁 径間16呎 斜角右45度 鋼板桁
誉田停留場(2M25C70L=3.735KM69)
古市停車場(2M52C50L=4.274KM82)
第一大乗川橋梁 径間15呎 斜角右75度 鋼板桁
第 9号溝橋 径間4呎 I形桁
第10号溝橋 径間4呎3吋 I形桁
第二大乗川橋梁 径間15呎2連 斜角右50度 I形桁
第11号溝橋 径間3呎 斜角左55度 I形桁
第12号溝橋 径間5呎9吋 斜角左87度 I形桁
第13号溝橋 径間6呎9吋 斜角左87度 I形桁
井堰川橋梁
 第一径間 10呎 斜角左70度 I形桁 桁架け替え T13年
 第二径間 15呎 斜角左70度 I形桁 桁架け替え T13年
 第三径間 30呎 斜角左70度 I形桁 桁補強    T13年
 橋脚一部改築 T13年
 第三径間 9M15 桁架け替え S11年
明治36年4月26日 石垣修繕 (花田市松)
第14号溝橋 径間5呎3吋 I形桁
第15号溝橋 径間7呎3吋 I形桁
第16号溝橋 径間3呎    I形桁
太子口喜志停車場(4M53C50L=7.513KM62)
第17号溝橋 径間3呎  I形桁
第18号溝橋 径間5呎9吋 I形桁
青野池橋梁 径間12呎 I形桁
旭ヶ岡停留場(5M02C70L=8.101KM04)
第19号溝橋 径間3呎 蓋花崗岩
第20号溝橋 径間11呎 斜角左50度 I形桁
 架換 径間11呎 左50度  T11年
富田林停車場(6M06C00L=9.776KM76)
第21号溝橋 径間9呎6吋 斜角右51度 I形桁
第22号溝橋 径間11呎9吋 斜角左50度 I形桁
 架換 径間11呎 左50度 T11年
第23号溝橋 径間4呎 斜角右60度 I形桁
富田林西口停留場(6M33C40L=10.327KM96)
第24号溝橋 径間4呎 斜角右60度 I形桁
第25号溝橋 径間4呎 斜角右71度 I形桁
第26号溝橋 径間6呎9吋 斜角右63度 I形桁
第27号溝橋 径間4呎3吋 斜角右66度 I形桁
川西停留場(7M05C00L=11.365KM99)
第28号溝橋 径間8呎 斜角左86度 槽状桁
 架換 8呎  橋台一部改築  T13年
第29号溝橋  径間4呎3吋 斜角右66度 I形桁
滝谷不動停車場(7M74C00L=12.754KM05)
第30号溝橋 径間6呎 斜角左61度 槽状桁
 架換 橋台一部改築  T13年
第31号溝橋 径間6呎 I形桁
第32号溝橋 径間8呎 斜角左49度 I形桁
第33号溝橋 径間6呎3吋 斜角右74度 I形桁
細谷川橋梁  径間13呎 鋼板桁
第34号溝橋 径間5呎9吋 斜角右87度 I形桁(桁直角)
第35号溝橋 径間6呎6吋 斜角左65度 I形桁
汐ノ宮停車場(9M06C60L=14.614KM86)
第36号溝橋  径間10呎 煉瓦
東高野街道第一陸橋  径間38呎 斜角右45度 鋼板桁
第37号溝橋 径間6呎 斜角右76度 I形桁
東高野街道第二陸橋  径間15呎 斜角右75度 鋼板桁
長野停車場(10M22C00L=16.536KM01)
明治32年 防火器
柏原−長野間 溝橋架換 T12年3月 第4.5.8.10.12.15.33.35号
柏原−長野間 溝橋架換 T12年4月 第20,22号
踏切
竹ノ内街道踏切 門柱2本移転 (A-1)
道明寺第一号溝橋
0哩13鎖86節 (KM) 1連 径間10呎(3.048M)
道明寺第二号溝橋
0.19.50
道明寺第三号溝橋
0.21.45
道明寺第四号溝橋
0.72.85
道明寺第五号溝橋
0.74.44
玉水川橋梁
0.75.99
道明寺第八号溝橋
1.04.32
道明寺第九号溝橋
1.09.83

  
河陽鉄道株式会社の発注車両
車 輌 名 発注両数 河陽鉄道に納入 河南鉄道に納入
  上、中混合客車
  30人乗(上14人中16人)
2両  −  2両 
 下等客車 50人乗 8両  6両  2両 
 下等緩急車 40人乗 2両  2両  − 
  郵便緩急車 2両  −  2両 
  6噸有蓋貨車
 明治31年6月13日到着
10両  10両  − 
  6噸無蓋貨車 5両  −  5両 
  土運搬車 10両  10両  − 
39両  28両  11両 
機関車 1号
明治31年6月19日完成
1両  1両 
機関車 2号
明治31年6月29日完成
1両  1両 
    東京 井上、月島車輌に河陽鉄道が発注していた車輌ですが
    経営問題で納入が延期になっていた車輌は、残金支払い河南鉄道に納入されました。
    ※当初は、下等客車10両の予定でしたが8両に変更になりました。
    東京 元井上工場へ注文の一、二等混合客車 2両 、 三枚側 5両 、 郵便緩急車2両は、
    明治32年5月25日到着しました。
    松永長三郎河南鉄道支配人が東京へ行き交渉、協議し車輌回送しました。
    機関車は大倉組発注、大阪鉄道組立

    第三号機関車について
    最終的には河陽鉄道へは納入されませんでした。
    明治31年7月26日の業務記録には大阪鉄道へ紹介の件と記されている。

    第一号機関車は大正14年に川崎造船所兵庫工場において大修繕
    第二、三号機関車は大正14年ハロットブラス全部取り換え



        

          元河陽鉄道株式会社 三号機関車
          ほぼ原形に近いそうです。
          この機関車と同じ形のSLが柏原−長野間を走ってました。
          この三号機関車は1度も河陽鉄道へは入らずに売却されました。






つばめno巣 復刻ラビットカ−乗車  吉野線100周年復刻ラビットカ−に乗車したレポ−トです。 道明寺駅配線図  大正12年4月、昭和5年の構内配線図を見比べています。 信貴山急行電鉄  信貴山上を走っていた鉄道です。 
     
 明治18年〜23年頃
 坂堺鉄道株式会社
 難波駅手前
     
       
       
  

本日の HPお客様数 カウンター 無料SEO分析ストラップ日本語 オンラインカジノカメラ・光学機器 カウンタ-2009.5.4. 20:00設置

カウンタ-2008.8.31 13:00設置